このページの本文へ

萌え☆彡OSぷろじぇくと  リアルSide第1回

まずは冬コミ? 「萌え☆彡OS」で有明を征服するぞ!

2009年11月11日 18時00分更新

文● 藤山 紫礼

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

だって元々はMSのOSをアスキーが売ってたじゃん!

 「物心ついたときにはWindowsしかなかった」というヤングな若人(わこうど)は知らないかもしれないが、Windowsの前に世界を征していたコンシューマ向けOSがある。MS-DOSだ。

ん? これではMS-DOSやなくて、SM-DOSではないかっ! 写真はイメージです

 今でいうDOSプロンプトしかないOSで、コマンドを入力すると「コマンドまたはファイル名が違います.」と繰り返す、人口無能よりボキャブラリーの少ないOSだった。MS-DOS 3.0以降は、パソコンメーカー各社がそれぞれ自社用に販売していたが、それ以前のVersion 2.11の頃ってのは、アスキーがMSの正規代理店だった。まだMS Japanの法人がなかったので、アスキー社員で鉄道マニアの古川氏が全国行脚してMS-DOSや初代のマウスを売っていたのだ。結局MSは日本法人を創立することになり、アスキーはMS-DOSと同氏と別れを告げることになっちゃうんだけどね。

初代のマイクロソフトマウス。今でこそ滑りやすくするためにテフロンテープなど張ってあるが、当時は鉄球のローラーを内蔵。中のボールも鉄球が入っていた

 その後アスキーは借金が返せないと噂されるたびに、ファイタータイプやバトロイドタイプ、ガウォークタイプに変形し修羅場をくぐってきて、今は月刊「ニュータイプ」一門に落ち着いている。
 そこで我々元ASCII.jpアキバ(裏)部隊は、小せぇ脳みそで考えた!

 世界平和の救世主は我々アスキー・メディアワークスじゃないか!?

 と。自作PCやWindowsを手玉に取るのは得意中の得意。しかも世界最先端の「萌え」のノウハウがある。これなら「Windows 7」+「水樹 奈々」という強力タッグと戦えるんでね?
 そしてひとつのプロジェクトが、喫煙室の片隅で産声を上げた。

 “「萌え☆彡OS」プロジェクト(仮)”である!

 あー、ネーミングセンスはツッコミ不可! なぜ「☆彡」が付いているのかは、あまり詮索しないでいただきたい。「らき☆すた」みたいに売れまくったらいいなぁ~とか、アッチの星は止まってるから流れたほうがもっと売れるっぽいとか、真面目に会議した結果である! バカでごめんなさい。
 そこで私こと藤山 紫礼が「萌え☆彡OS」総合作戦指令部隊 幕僚長として任命されたのである。隊員は現在4名。情報・技術将としてubon隊員、物資・ファンド将としてプロフェッサーミワ隊員、広報・洗脳将として水田ムーン隊員で構成されている。
 そして総合作戦司令部での決定事項を逐次まとめる書記として、幕僚長自らが筆を取り、みなさんに世界征服の進捗状況やウェポンの開発工程をお知らせしてきたい。

 開かれた総合作戦指令部隊を目指し、週1回のレポートに加え、週2回の水田隊員のマンガをお届けする予定だが、機密情報も多々ある。ポロっと書いてしまったり、仕様書と違うじゃん!的なものができるのは世の中の常。諸行無常の響きはあるが、他言無用で願いたい。なにせ相手は世界のMSなのだ。
 そして隊員を広く募集したい! 我々と行動を共にし、萌え☆彡OSで世界平和を手にして、世界を萌えさせたいという勇士なら誰でもOK。主な仕事は、とある掲示板にスレッドを立ててリンクをはったり、己のブログなどで紹介したり、知恵袋サイトで「萌え☆彡OSってなんですか?」などの書き込みをするだけの簡単な仕事。時給はないが、隊員証やワッペン、ステッカーなどを作って、Webに掲載する予定なので、各自プリンタ印刷して士気を高めてほしい。

 ではコードネーム「男津波作戦(仮)」の作戦指令内容を伝える!

「男津波作戦(仮)」

決行日:本年12月29日(火)~31日(木)
時 刻:ひと・まる まる・まる(10:00)
ところ:東京ビッグサイト 西館 アスキー・メディアワークスブース
任 務:「萌え☆彡OS」プレリリース版を完成させ販売する

 いよいよ動き出した「萌え☆彡OS」だが「萌え」を名乗るからには、まずデスクトップが萌え萌えでなければならない。OSの選定より、やっぱり絵だろ!絵!ということで、プロジェクトは壁紙作りから始まった。

基礎工事も終わってないビル建設で、いきなり便所の壁紙を貼り始めるようなモンだが、我々ASCII.jpは常識に囚われない柔軟な発想が売りなのだ! だからコレでいい
本当はこんなのを書かなきゃならないが、俺たちには1Mビットのメモリーがあるので、仕様書はすべて頭の中にある

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ