このページの本文へ

Office 2010のカウントダウン

怒濤のVisio劇場も!新ProjectとVisioがお披露目

2009年11月10日 09時50分更新

文● 吉川大郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Visio劇場その1
業務フロー作成

 Microsoft Visio 2010では、業務フローの作成にあたり、すべてのボックスが同じ大きさで、しかも均等に並ぶような仕様となっている。そのため、PowerPointよりも楽に図版を作成できる。

ボックス配置

ボックスを「パンパンパン!」といった調子で矢継ぎ早に並べる。一番右のボックス右側に注目。四角いボックスや分岐のボックスなどがな縦に並んでいるので、それらを選択すればすぐに配置してくれる。だから速い

配置パターン

作り終わった一連のフローは、右のボックスの配置パターンを選択することで、自由に並べ替えられる。

ページ追加

巨大なフローにも対応。ボックスを離れた位置に置けば、随時ページを追加してくれる。プリントアウトの際に便利だ

次ページ「Visio劇場その2 データベース連携」に続く

カテゴリートップへ

ピックアップ