このページの本文へ

Office 2010のカウントダウン

怒濤のVisio劇場も!新ProjectとVisioがお披露目

2009年11月10日 09時50分更新

文● 吉川大郎/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

怒濤のデモ
疾風のVisio劇場

 図版作成のためのソフトウェア「Microsoft Visio」も、バージョンが2010となった。主な特徴は以下の通り。

操作性
Microsoft Project 2010同様、リボンを採用したほか、業務フロー作成に特化した図版制作機能などが追加された。
プロセスマネジメント
上記業務フロー作成機能のほか、そのロジックに誤りがないか検証する機能も用意された。また、こうして作成された業務フローはSharePoint 2010ワークフローとして使用できる。
Visio Service
Visioとデータベースを接続できるので、インタラクティブな図版を作成できる。
木村佳代氏

木村佳代氏

 Microsoft Visio 2010は上記のような特徴を備えるが、今回の記者発表で圧巻だったのは、マイクロソフト システムテクノロジー統括本部 シニアテクノロジースペシャリスト 木村佳代氏による実演デモだ。そのデモの様は、“Visio劇場”と呼びたくなるくらい、スピーディであり、新Visioの魅力が詰まっていたので、画面付きで紹介したい。

次ページ「Visio劇場その1 業務フロー作成」に続く

カテゴリートップへ

ピックアップ