このページの本文へ

VIA「VB8003-16」

4画面同時出力が可能なVIA製Mini-ITXマザーの販売がスタート

2009年11月04日 23時24分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4画面同時出力が可能なVIA製Mini-ITXマザーボード「VB8003-16」の販売がスタートしている。CPUに「VIA Nano 1.6GHz」(FSB800MHz)を搭載する。

4画面同時出力が可能なVIA製Mini-ITXマザーボード「VB8003-16」。内蔵VGA機能の「Chrome9 HC3」と、内部PCI-Express(x4)で接続された、DirectX10.1正式サポートのGPU「S3 Chrome 435 ULP」を使うことで、4画面同時出力が可能となる

ビデオメモリ

内部PCI-Express(x4)で接続されたGPU「S3 Chrome 435 ULP」はビデオメモリとしてGDDR3 256MBを備える(SAMSUNG)

 この製品はCPUに「VIA Nano 1.6GHz」、チップセットに「VX800」を採用するMini-ITXフォームファクタのマザーボード。内蔵VGA機能の「Chrome9 HC3」と、内部PCI-Express(x4)で接続された、DirectX10.1正式サポートのGPU「S3 Chrome 435 ULP」を使うことで、4画面同時出力が可能となるのが特徴だ。

「VX800」内蔵VGA機能の「Chrome9 HC3」がHDMIとD-SUB。内部PCI-Express(x4)で接続されたGPU「S3 Chrome 435 ULP」がHDMIとDVI-Iをサポートする

 主なスペックは、DDR2-533/667MHz対応のSODIMM×2(最大4GB搭載可能)、PATA×1、Serial ATA×2、CF TypeⅡスロット×1(ブート可)、ギガビットLAN(VIA/VT6130)×2、HDオーディオ(VIA/VT1708B)などをオンボード。またI/O部は、PS2(マウス用)×1(キーボード用)×1、HDMI×2、DVI-I×1、VGA×1、シリアル端子×1、RJ-45×2、USB2.0×4、RCAジャック×2という構成。
 なお、注意事項として4画面出力対応可能なOSはWindows XP (32bit)のみで、Windows 7用のドライバは後日VIAのウェブサイトにて公開予定。Windows Vista用ドライバの公開予定は今のところない。また、基板裏面にCF TypeⅡスロットを搭載するため、マザーボード取付け用のスペーサーの高さが約6mm程度必要となるので、使用するケースによっては取り付けできない可能性もある。価格および販売ショップは以下の通りだ。

4画面出力対応可能なOSはWindows XP (32bit)のみ。Windows 7用のドライバは後日VIAのウェブサイトにて公開予定となる

価格ショップ
「VB8003-16」
¥30,880T-ZONE.PC DIY SHOP
¥32,800テクノハウス東映
¥33,480TWOTOP秋葉原本店
¥33,800アーク

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中