このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

これからのデータ通信端末の新標準!?

イー・モバイル、手のひらサイズのモバイルルーター発売

2009年10月29日 21時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

300MB以上で従量制になる二段階制プラン
「バリューデータプラン」

 新料金プラン「バリューデータプラン」も11月5日より導入される。これは2年契約を前提とした「にねんM」との組み合わせ時に、月額2580円からスタートする二段階料金制の定額料金プランである。

 300MB以上の利用で従量制に移行し、上限は5980円。無制限で利用できる「データプラン」(同様の条件で月額4980円)と比較すると上限利用時は1000円高くなるが、利用頻度が高くないユーザーにとっては魅力的なサービスである。

新価格表

「ベーシック」+「年とく割2」の組み合わせ時の通信料ごとの料金表。より一般的な「にねんM」の利用時はこれより400円高くなる。約1GBあると週に2、3回程度外出先で通信する程度であれば容量的に十分。使い方次第ではギガデータプランも便利な存在である

エリック・ガン社長

エリック・ガン社長

 これと同時に1GBまでが3980円(「にねんM」「新にねん」との組み合わせ時)となる「ギガデータプラン」も上限が従来の9980円から5980円に変更になった。なおすでに契約しているユーザーは「My EMOBILE」によって、月ごとのパケット数が確認できる。

 発表会で説明を行なった同社代表取締役兼COOのエリック・ガン氏はPocket WiFiとバリューデータプランの組み合わせについて、「iPod touchやニンテンドーDSのようなパソコン以外のユーザーがどんどん増えていく。そのような人にはピッタリではないか」と自信を見せた。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン