このページの本文へ

アビー「AS Enclosure 50D」

アビー、奥行きが348mmのATXケース「AS Enclosure 50D」登場

2009年10月27日 22時30分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビーから、奥行きが348mmと短いATXケース「AS Enclosure 50D」が登場。明日28日(水)から販売が開始される。

奥行きが348mmと短いアビー製ATXケース「AS Enclosure 50D」が登場。明日28日(水)から販売が開始される

 本製品は、奥行きが348mmと短いのが特徴のATXケース。アビーではクラス最小のコンパクトフォルムと謳っている。
 また、348mmの奥行きながら、ハイエンドビデオカードも搭載可能な奥行き約280mmの拡張カードスペースを確保しているのも特徴だ。
 主な仕様は、サイズが208(W)×423(D)×348(H)mm。電源は非搭載。ドライブベイは5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×3、2.5インチシャドウ×2(3.5インチベイと共有)。ケースファンとして同社製NANO TEK FAN(12cm角)をフロントとリアに1基ずつ搭載される。また、フロントにはUSB/IEEE1394/マイク/ヘッドホンの各ポートが搭載される。本体カラーはシルバーとブラックの2タイプが用意されている。予価は2万8980円前後で、T-ZONE.PC DIY SHOP、ソフマップリユース総合館、TWOTOP秋葉原本店、ドスパラ秋葉原本店、ソフマップ本館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.などに入荷予定となっている。

主な仕様は、サイズが208(W)×423(D)×348(H)mm。電源は非搭載。ドライブベイは5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×3、2.5インチシャドウ×2(3.5インチベイと共有)

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中