このページの本文へ

Mac新製品、いいとこ悪いとこメッタ斬り座談会

2009年10月30日 12時00分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サーバー版のMac miniはBoot Campで使いたい

石坂・元MacPower/MacPeople編集長。現在はパソコン系書籍の部署に所属し、MacPeopleの編集人も務める

石坂:(通りすがりに)何、座談会?

ヒロタ:今のところは座談会という名の、吉田さん独演会みたいな感じです(笑)。

石坂:ホント? 俺も入れてよ。

ヒロタ:どうですか? 新しいラインナップは。

石坂:いいと思うよ。

ヒロタ:石坂さんは買うなら何がいいと思います?

石坂:27インチiMacでしょう。下のモデルで十分だよ。

吉田:価格的にはあれが一番いいかなと思いますね。

Mac mini

Mac mini

石坂:あと、Snow Leopard Server搭載のMac miniが出たよね。あれって何? グラフィック機能がないだけ?

吉田:グラフィックは統合チップの「GeForce 9400M」で、サーバーじゃないMac miniやMacBookと一緒です。普通のSnow Leopardじゃなくて、Snow Leopard Serverが付いてるんです。Mac miniはほかのモデルに比べると売れてない。だから起死回生でああいうモデルに挑戦してみたんでしょう。

Mac OS X Server(画像はMac Proで動かしているもの)

石坂:Mac OS X Serverっていくらなの?

吉田:5万3800円ですね(Apple Storeで見る)。Snow Leopard Server搭載Mac miniは、10万4900円です(Apple Storeで見る)。

石坂:それがMac miniにタダで付いてくるようなものか。

吉田:8万円ちょっとぐらいのグレードのMac miniに、プラス2万円でSnow Leopard Serverが付いてくるのだから、お得と言えばお得なんですけどね。

 サーバー版のMac miniは、BTOでOSを選べるようにしてほしかったな。2.5インチHDDを2基内蔵しているから、Boot Campを利用すれば、片方のHDDをMac OS X、もう片方をWindowsという風に使い分けられる。

 でも、Snow Leopard Serverには「Boot Campアシスタント」が付いてこないので、自力でターミナルコマンドを使うしかないんだよ。それか別にSnow Leopardを買うかね。

ヒロタ:それはちょっと残念かも。

吉田:そうなんだよね。アップルもMac miniの売り方を迷ってるのかも。価格設定が中途半端だし、HDD換装面倒くさいし。いろいろ考えるとMacBookを買った方が絶対楽。

石坂:初めての人なら液晶ディスプレーを買わなくていいしね。Mac miniは、なくなってもいいのかも。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中