このページの本文へ

書き込みデータを自動スキャン、データ暗号化も搭載

グリーンハウス、ウイルス対策内蔵のUSBメモリ「PicoDrive VC」

2009年10月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月22日、グリーンハウスはウイルス対策とデータ暗号化機能を搭載したUSBメモリ「PicoDrive VCシリーズ」を発売した。

 PicoDrive VCシリーズにはトレンドマイクロの「Trend Micro USB Security for Biz」が搭載されており、USBメモリに書き込まれるデータに対して、常時自動的にウイルスチェックを行なう。万が一ウイルスが検出された場合は、専用フォルダに隔離されるため、ウイルス感染を未然に防ぐことができる。

ウイルス対策機能を内蔵する「PicoDrive VCシリーズ」

 加えて、コントローラにデータ暗号化エンジンが搭載されており、すべてのデータを256ビットのAESで暗号化する。予めパスワードを設定しておくことで、紛失や盗難の際にも中身を見られる心配がない。製品を分解して別基板に組み込んだとしても、データを参照することはできないという。

 そのほか、

  • USBメモリ内の「autorun.inf」ファイルが不正に書き換えられウイルスが侵入した場合、それを検知して除去する「Autorunウイルス」対策機能
  • データの書き込みを禁止し、参照だけを許可するリードオンリー機能
  • パスワード忘却時に、内容を初期状態に戻すデバイス初期化機能

などを搭載する。

 価格(税込)は、2GB版が7560円、4GB版が1万2915円、8GB版が1万8480円、16GB版が2万3730円。

カテゴリートップへ

ピックアップ