このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ヨドバシAkibaで「Windows7パッケージ版」発売記念イベント開催!

2009年10月22日 23時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 桃井さん、矢口さん、遠藤氏のゲスト3人によるステージイベントが終わると、既に8時半を回っておりパッケージ版の発売解禁時刻の9時まで残すところあとわずかに。
 ここからは、マイクソフトコーポレーション ウィンドウズ&ウィンドウズライブ担当プレジデント スティーブン・シノフスキー氏、ヨドバシカメラの代表取締役 藤沢昭和氏、マイクロソフト 代表執行役 副社長 コンシューマー&オンライン事業部担当 堂山昌司氏、ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 取締役店長 松井昭二郎氏の来賓4人がステージ上に姿を見せて、シノフスキー氏と藤沢氏による挨拶が行なわれた。時刻が9時になったところで、くす球が割られて「Windows7 パッケージ版」の販売はスタート。

「こんにちわ!」と日本語で挨拶をしたシノフスキー氏。挨拶の最後には自身のblog更新用の動画も上映

ヨドバシカメラの代表取締役 藤沢氏は「Windows7」が「パソコン市場の活性化に繋がることを期待している」とコメント

ゲスト・来賓ともにステージに登壇し、くす球を割るための紐を持って準備万端と整い、カウントも5秒前になったら……

遠藤氏はくす球の紐から手を離して、割れる瞬間を撮影するのに夢中に

カウント0! くす球が割れると同時にテープも打ち出されて「Windows7 パッケージ版」の販売が始まった

 ヨドバシakibaでは「Windows7」にかけて、同ソフトを購入した先着77人に同ソフトオリジナルTシャツをプレゼントしていたほか、JTBの5万円旅行券やディズニーリゾート1DAYペアパスポートチケットなどの当たる大抽選会を実施していた。
 ちなみに先頭にならんでいた先頭の男性には、購入した「Windows7」にスティーブン・シノフスキー氏がサインを入れていたほか、矢口真理さんのサイン色紙などがプレゼントされていた。

先頭に並んだ男性が手に持っているのが、シノフスキー氏のサイン入り「Windows7」。続いて、矢口さんからサイン色紙が渡されたほか、登壇したゲストたちと握手をしていた

9時30分の開店時間を迎えたヨドバシakibaのメーカー製PCコーナーには、「Windows7」を搭載したモデルが大量に展示されていた

発売カウントダウンイベントに参加した桃井さんも自信が使っているというSONYのVAIOシリーズの「Windows7」搭載モデルに触れていた

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中