このページの本文へ

アイ・オー・データ機器「GV-MC7/VS」
アイ・オー・データ機器「GV-MC7/VZ」
アイ・オー・データ機器「GV-MC7/RCKIT」

“Windows Media Center”専用の地デジチューナー

2009年10月20日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 7搭載の“Windows Media Center”で楽しめる地上/BS/110度CSデジタル放送対応のテレビチューナーカード「GV-MC7/VS」がアイ・オー・データ機器から発売された。

アイ・オー・データ

Windows 7搭載の“Windows Media Center”で楽しめる地上/BS/110度CSデジタル放送対応のテレビチューナーカードが登場

 発売されたのはPCI-Expressインターフェイスの「GV-MC7/VS」とUSB外付けタイプの「GV-MC7/VZ」、またそれら両モデルを快適に使う事ができるという“Windows Media Center”専用リモコン「GV-MC7/RCKIT」の3つ。
   “Windows Media Center”は、標準で「地上・BS・110度CSデジタル放送」の視聴・録画がサポートされており、「GV-MC7/VS」を搭載する事で、PCをTVやHDDレコーダーとして使用する事ができる。主な機能は「データ放送」受信や「字幕放送」の他、EPGでの簡単録画予約や「タイムシフト」にも対応。さらに2台のキャプチャを利用する事で裏番組録画が可能。また、基板上にはRFトラッキングフィルタ内蔵の高感度シリコンチューナーを搭載し、ノイズの多いPC内部装着でも高画質モジュールを採用した独自の回路設計により、ノイズを極限までカットできるとしている。
 映像形式はMPEG2(MP@HL)、音声形式はMPEG-2 AACで、キャプチャ解像度は最大1920x 1080。アンテナ入力にTV-RF入力およびBS・110度CS-IF入力F型コネクタx各1で、BS・110度CS用アンテナ電源供給機能(DC15V/最大4W)に対応。価格はドスパラ本店で1万1780円、クレバリー1号店で1万1795円(22日から販売)。同機能でUSB外付けタイプの「GV-MC7/VZ」も価格は同じだ。

PCI-Expressインターフェイスの「GV-MC7/VS」とUSB外付けタイプの「GV-MC7/VZ」。PCをTVやHDDレコーダーとして使用する事ができる

 「GV-MC7/RCKIT」は「GV-MC7/VS」および「GV-MC7/VZ」を快適に使う事ができる“Windows Media Center”専用地上・BS・110度CSデジタル対応リモコン。USBインターフェイスのリモコン受光ユニットを接続するだけで、“Windows Media Center”の大きくてわかりやすアイコンやメニューから快適にリモコン操作ができる。価格はクレバリー1号店で3975円(22日から販売)、ドスパラ本店で3980円。
 なお、Windows 7でTV視聴!「新世代AVパソコン」を作ろう!では、同チューナーカードを採用したPCの紹介を掲載中だ。気になる人は是非チェックしてもらいたい。

「GV-MC7/RCKIT」

「GV-MC7/VS」および「GV-MC7/VZ」を快適に使う事ができる地上・BS・110度CSデジタル対応リモコン「GV-MC7/RCKIT」

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中