このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PickUpコラム from 月刊「ビジネスアスキー」 ― 第2回

Mac「Snow Leopard」 vs MS「Windows 7」

2009年10月21日 06時00分更新

文● 元麻布春男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この記事は2009年9月24日に発売された「ビジネスアスキー11月号」に掲載されたコラム記事をウェブ用に一部改変しています。

ビジネスインフラを強化するアップルメーラーを削るMS

 10月22日に予定されているWindows 7に先立ち、アップルは8月28日にスケジュールを前倒して、Mac OS X「Snow Leopard」をリリースした。

Mac OS X「SnowLeopard」はマイクロソフトのExchange Server 2007にも対応した。

 このSnow Leopardの特徴は、将来へ向けた技術的なアップデートに努めたことだ。

 カーネルを含めたOS全体の64ビット化、マルチコアプロセッサの活用を容易にするGrand Central Dispatch(GCD)、GPUの処理能力を汎用目的に利用しようとするOpen CLなど、さまざまな技術が実装されている。

 デベロッパーにとっては極めて重要なアップデートだ。

 しかし逆に、ユーザーが目を見張るような新しいフィーチャーには乏しい。Leopardでは、Time MachineやQuick Look、さらにはBoot Campなど、多くの新機能が喧伝されたのに、Snow Leopardではこれという新機能を見つけるのが難しい。次の新機能フルなOSを生み出すための技術的な「仕込み」に徹したリリース、という印象が強い。

 そんなSnow Leopardにあって、新機能として大きな目玉になりそうなのがMicrosoft Exchangeのサポートだ。付属するMail(電子メールソフト)、iCal(カレンダーソフト)、アドレスブックは、マイクロソフトのExchange Server2007を標準でサポートする。Outlookのメール、予定表、グローバルアドレス一覧の代わりにこれらを利用することが可能だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ