このページの本文へ

GIGABYTE製P55マザー+Corsair製品で快適な眠りを!

2009年10月23日 18時00分更新

文● Jo_kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

水冷ユニットの取り付け方法

続いて、液冷ユニットのバックプレートにアンカーとなる金具を4つ埋め込む

バックプレートには、「LGA1366」、「同1156」、「同775」の穴が空いてるので、1156に合わせて金具を埋め込もう

固定用のプレートにプラスチック部品とネジを取り付ける。なお、取り付けるネジはインチネジとミリネジの2つが付いているが、取り付けるのはミリネジなので注意したい

プラスチック部品も2種類付属しているが、LGA1156で使うのは2つ穴のタイプだ。ネジは、内側の穴にプラスドライバーを使って回しながら挿入する

マザーボード背面に、バックプレートを取り付ける

CPUを装着してから、固定用のプレートを写真のように取り付ける。このとき固定用のネジは、軽く締める程度(2回転くらい)で十分だ

800Dの背面には14cm角ファンが付属しているため、このファンはあらかじめ外しておこう

マザーボードをPCケースに取り付けよう。なお、800Dにはあらかじめ最初からマザーボード用のスペーサーが取り付けられている。しかし、P55-UD6の場合スペーサーが1つ余分になるので、外すのを忘れないように。ほかのマザーボードを取り付ける際もスペーサーの位置と数はチェックしておきたい

ヘッドユニットを溝に合わせて入れたあと、固定用プレートのツメに合わせてヘッドユニットを回転させよう

写真のように、ヘッドユニットとツメがしっかり合致した状態にしたあと、4隅のネジをしっかり締め込めば、固定は完了だ

続いて、12cm角ファンをPCケースとラジエターで挟む形にして固定すれば液冷ユニットの装着は終了だ

あとはATX電源ケーブルの取り回しだが、8ピンのCPUパワーケーブルをケース背面に回してしまうと、大抵の電源ユニットは届かない。そのため、800Dには8ピンの延長ケーブルが付属している

延長ケーブルを使えば、このように無理なく8ピンケーブルを取り付けできる

背面はこのようになっている。「OPEN」と書かれている部分を開けることで、マザーボードを外すことなく、バックプレートにアクセスできる

 あとは普通のPCケースと同様に各パーツを組み込んでいけば完成だ。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中