このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第86回

NVIDIA PhysX対応ゲームがP55マザーでより面白くなる

2009年10月20日 11時11分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PhysX対応最新ゲーム

BATMAN Arkham Asylum

 BATMAN Arkham Asylumは、有名なアメリカンコミックスである「バットマン」をベースに、映画化されたバットマンの世界を再現したTPSスタイルのアクションゲームだ。PhysXを有効にすると、例えば派手な戦闘を行った際に周囲にある缶などのオブジェクトが物理演算を元に散乱したり、フォグの中を進むと、キャラクタの動きに応じてフォグが動くといった細かい演出が成される。
 日本語版は未発売だが、アクションゲームのため、ゲームに慣れている人なら簡単に操作することができる。序盤では要所々で操作ガイドが表示されるため、迷うことなく楽しめる作品だ。

PhysX ON時のワンシーン。手紙の飛び散り方に注目PhysX OFF時の同シーン。飛び散る手紙の数が少ない

 PhysX ON時とOFF時では上の画像のように演出に差が出る。動画で観るとかなり違いが感じ取れるのだが、静止画だとあまり差が伝わらないのが残念。というわけで、以下の動画も参照してもらいたい。

PhysX設定 OFF時のムービー

PhysX設定 High時のムービー

Darkest of Days

 Darkest of Daysは、8monley Labsが開発した史実の戦争を背景にしたFPSだ。南北戦争や第二次世界大戦、古代ローマ帝国時代などの戦いに、時空を超えて参加できるという異色のミリタリーFPSとなっている。PhysXは、植物の動き、雪や火山灰といった自然現象にPhysXが使われている。また本作品は英語版タイトルだが、ゲーム内の言語設定で日本語を選択することが可能だ。



PhysX設定 Low時のムービー

PhysX設定 High時のムービー

 ※ムービーは「Fraps」を使用し、ベンチマーク中の画面(およびサウンド)をHDDにダイレクトに記録したもの。ムービーの中でカクついたシーンがあるが、これはFrapsによる録画負荷によるものだ。実際にはどちらのムービーもベンチマーク中は滑らかに再生されている。ムービーでは,PhysXを有効にすることにより、木の葉などのオブジェクトが追加される点に注目してほしい。

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中