このページの本文へ

FCoE対応製品とUCSの新製品の計画もあきらかに

サイロ化したシステムをシスコのDC 3.0が救う

2009年10月16日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10月15日、シスコシステムズ(以下、シスコ)はSaaSやクラウドの基盤を提供する「DataCenter 3.0」の現状を解説するプレスイベントを行なった。ITのサービス化という流れの中で、DC3.0がどのように受け入れられたか、そして同社が力を入れるFCoEやUCEといった技術や製品に関する説明も行なった。

サイロ化を解消する「Unified DataCenter」

シスコシステムズ合同会社 アーキテクチャ&テクノロジ事業統括 マネージングディレクター 石本龍太郎氏

 DC 3.0はシスコの次世代データセンター構想として2007年に提唱したコンセプトで、システムの統合化と仮想化、そして自動化を推進するものだ。製品の面ではサーバやストレージの接続を統合する大容量スイッチ「Nexusシリーズ」のほか、サーバ市場参入として話題を呼んだ「UCS(Unified Computing System)」などが投入されている。

 シスコの石本龍太郎氏はこうしたDC 3.0が、ヤフー、日本ユニシスをはじめ多くのサービスプロバイダで受け入れられている現状を解説。特に新しいチャレンジになるUCSに関しては「8月に出荷を開始したが、多くのお客様が検証目的で購入している。すでに100件を超える引き合いが来ているが、仮想化よりもすでにクラウドを念頭に置いているようだ」(石本氏)と、好調の様子だ。

 そして、今後はDC 3.0を構成する技術を緊密に連携し、データセンターの複雑さを解消する「Unified DataCenter」を提供すると述べた。「データセンターやプロバイダの方に話を聞くと、管理が統合されていないシステムを構築してしまったと、自嘲的にお話しされる方が多い。こうしたサイロ化した既存のサービスを統合し、拡張性の高いシステムに組み上げていくのがUnified DataCenterの目的だ」と石本氏は説明する。

UCSやNexusなどDC 3.0製品は幅広く受け入れられた多くのプロバイダが陥るサイロ化したシステム

 また、今まではインフラの提供がベースであったが、今後はTV会議システムを代表とするコラボレーションツールやセキュリティ製品も統合してデータセンター向けに提供していくとのこと。インフラ部分だけではなく、よりアプリケーションに近い部分もDC 3.0に組み込んでいく方向性だ。さらに、UCSで重視されているエコパートナーと協業も進めていく。たとえば、来週都内で開催されるVMWorldでは、競合ベンダーの展示ブースをまたがってクラウド環境を相互接続し、仮想マシンのvMotionを実行するデモンストレーションも行なうという。

FCoE標準化以降の製品化の道筋は?

シスコシステムズ合同会社 プロダクトマネージメント プロダクトマネージャ 河野真祐氏

 後半はプロダクトマネージメント プロダクトマネージャの河野真祐氏がDC 3.0のコア技術の1つであるFCoEの最新動向と新製品について説明した。FCoEは文字通りFC(FibreChannel)をEthernet上で実装するプロトコルで、データセンターのケーブリングをシンプルにする目的がある。河野氏によると、2009年6月にFCoEはANSI INCITS T11でFC-BB-5として標準化作業が完了。今までは各ベンダーでEthernetの拡張についてDCEやCEEと呼ばれていたが、シスコは今後すべてIEEE DCBに統一するという。具体的には、フレームフォーマットを定めるFCoEだけではなく、FC接続された実体を探すためのコントロールプレーンプロトコル「FIP(FCoE Initializetion Protocol)」が標準化された。NexusではFCoEのフレーム転送はすでに互換性があり、追加されたFIPに関してはNX-OSのアップデートにより対応するという

 そして、DC 3.0関連製品としては、FCoE用のインターフェイスであるCNA(Converged Network Adaptor)について紹介した。「第1世代で4つのASICが搭載されていたが、第2世代では1つのASICで済むようになった。この結果、1Uサーバやブレードサーバにも搭載できるようになった」(河野氏)とのこと。将来的にはマザーボードへの実装が進み、価格も一気に下落すると予想している。

 こうしたFCoE技術の動向を受け、同社はまず他社のブレードサーバに挿入可能な「Nexus 4000」を追加する。20のポートを搭載でき、遅延も小さい。仮想スイッチである「Nexus 1000v」ともシームレスに統合されるという。

 また、UCSの新モデルとしてラックマウント型の「UCS Cシリーズ」が追加される。UCSは今までブレードサーバのBシリーズのみの提供だったが、ラックマウント型のUCS Cシリーズの追加により、よりユーザー層が拡がるという。1Uと2Uのモデルのほか、最大384GBという大容量メモリをサポートするモデルもある。

ラックマウント型のUCS Cシリーズ

 UCS Cシリーズは2010年初頭に出荷され、当初は既存のツールで管理を行なう「通常のサーバ」として提供され、来年の夏に統合管理ツール「UCS Manager」で統合管理できるようになる。今後はWAN高速化装置やロードバランサなど同社が今まで提供してきたアプライアンスもUCSサーバに搭載されていくことになる予定。「統合」に邁進するシスコが、最終的にどこまで行くのか気になるところだ。

発表会の最後には、シスコ社内にあるUCSラボも披露された
Cシリーズではないが、384GBというメモリのお化けぶりを見せてもらった

FCoEの標準化は完了していますが、IEEEでの標準化は完了していない旨、ベンダーから連絡を受けたので訂正します。本文は訂正済みです。(2009年10月20日)

カテゴリートップへ

ピックアップ