このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

AMD「Radeon HD 5770/5750」

「Radeon HD 5770/5750」搭載VGAの販売が13時からスタート

2009年10月13日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日10月13日の13時01分より、AMDの新型GPU「Radeon HD 5770/5750」搭載ビデオカードの販売がスタートした。秋葉原のショップでも売れ行き好調のようだ。

販売開始
本日10月13日の13時01分より販売解禁となったAMDの新型GPU「Radeon HD 5770/5750」搭載ビデオカード。各ショップがポップで販売開始をアピールしていた

 両GPUの詳細については「1万円台で買えるDirectX 11対応カード「Radeon HD 5770/5750」はお買い得か?」で早速レビューしているので、そちらを参照して頂くとして、ここでは簡単なスペックを確認しておくことにする。
 モデルナンバーからもお分かりの通り「Radeon HD 5770/5750」は、先月発売となった「Radeon HD 5870/5850」の下位に位置するGPUだ。やはり次世代DirectXであるDirectX 11(Shader Model 5.0)に対応したのが最大の特徴となるほか、おもなスペックは下記の通り(カッコ内は「Radeon HD 5750」のスペック)となる。

5770
「Radeon HD 5870/5850」登場の熱も冷めやまないうちに早くもミドルレンジ「Radeon HD 5770/5750」を投入。売れ行きも初日から好調だ

 製造プロセス40nm、ストリーミングプロセッサ数800基(720基)、テクスチャユニット数40基(36基)、コアクロック850MHz(700MHz)、シェーダクロック850MHz(700MHz)、メモリクロック4.8GHz相当(4.6GHz相当)、対応メモリGDDR5、メモリインターフェイス128bit、補助電源コネクタ6ピン×1、消費電力108W(86W)。

「GV-R577D5-1GD-B」
Gigabyte製の「Radeon HD 5770」搭載ビデオカード「GV-R577D5-1GD-B」。他社モデルも含め、同GPU採用モデルは2スロット仕様の外排気タイプとなる
インターフェース
補助電源コネクタは6ピン×1仕様。インターフェースがDVI-I×2、HDMI、DisplayPort。3画面同時出力が可能な「ATI Eyefinity」がサポートされている

 本日店頭に並んだのは、「Radeon HD 5770」搭載モデルが、Gigabyte「GV-R577D5-1GD-B」、msi「R5770-PM2D1G」、PowerColor「AX5770 1GBD5-MDH」、SAPPHIRE「HD5770 1G GDDR5 PCI-E」、XFX「HD577A-ZNF」、玄人志向「RH5770-E1GHW/HD/DP」の6製品。いずれも「Radeon HD 5850」搭載ビデオカードで採用されている2スロット仕様の外排気タイプとなる。
 その他、搭載メモリがGDDR5 1GB。インターフェースがDVI-I×2、HDMI、DisplayPort。3画面同時出力が可能な「ATI Eyefinity」がサポートされている(Windows 7/Vista/Linuxで使用可能。XPはサポートされていない)点なども「Radeon HD 5870/5850」シリーズと同じだ。
 一方の「Radeon HD 5750」搭載モデルは、PowerColor「AX5750 1GBD5-PDH」、SAPPHIRE「AX5750 1GBD5-PDH」、XFX「HD-575A-ZNF」、玄人志向「RH5750-E1GHW/HD/DP」の4モデルが店頭に。搭載メモリがGDDR5 1GB。インターフェースがDVI-I×2、HDMI、DisplayPort。3画面同時出力が可能な「ATI Eyefinity」もサポート。なお、搭載冷却ファンはメーカーオリジナルモデルを採用するものも多い。

「AX5750 1GBD5-PDH」
SAPPHIRE製の「Radeon HD 5750」搭載モデル「AX5750 1GBD5-PDH」。オリジナルファンを搭載するモデルだ
インターフェース
搭載メモリがGDDR5 1GB。インターフェースがDVI-I×2、HDMI、DisplayPort。下位モデルながら、3画面同時出力が可能な「ATI Eyefinity」もサポートされる

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中