このページの本文へ

Windows 7が快適に動くPCを自作しよう 第2回

5万円以内で格安Windows 7マシンを自作!

2009年10月15日 12時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

超格安PCのオススメ構成はコレだ!(AMD編)

 今度は、AMDプラットフォームでのオススメ構成を紹介しよう。

CPU:AMD「Athlon X2 5050e」 実売価格:6400円前後

 AMDのバリューPC向けブランドとしては「Sempron」と呼ばれる製品があったのだが、「Phenom」の登場以降、Sempronは組み込み向けとしての性格が強くなり、「Athlon X2」がバリューPC向けという位置づけになっている。現在、市場に比較的潤沢に流通しているAthlon X2は、「Athlon X2 7750 Black Edition」と「Athlon X2 5050e」の2製品だ。前者はPhenomベース(K10コア)のCPUであるのに対し、後者はAthlonベース(K8コア)のCPUとなる。性能は前者のほうが高いが、1200円程度の価格差があるので、超格安にこだわるのならAthlon X2 5050eがオススメだ。Athlon X2 5050eもデュアルコアCPUであり、通常の利用には十分なパフォーマンスである。

Athlon X2 5050e。クロック周波数は2.6GHzながら、TDPが45Wという低消費電力が魅力のCPUだ

マザーボード:ASUSTeK「M4A78-VM」 実売価格:8000円前後

 Athlon X2 5050eはSocket AM2対応のCPUであり、Socket AM3対応マザーボードでは利用できず、Socket AM2/同 AM2+対応マザーボードと組み合わせる必要がある。Intel編と同様に、超格安PCを作るにはグラフィックス統合型チップセットを搭載したマザーボードを選ぶことがポイントだ。Socket AM2+対応のグラフィックス統合型チップセットとしては、AMD 760G/780G/785Gなどがある。これらから入手性や価格などから判断すると、AMD 780Gがオススメだ。ここでは、ASUSTeKのAMD 780G搭載マザーボード「M4A78-VM」を選んだ。

ASUTeKのMicroATXマザー「M4A78-VM」。グラフィックス統合型チップセットのAMD 780Gを搭載する

メモリ:Corsair「CM2X1024-6400」 PC2-6400 1GB×2 実売価格:3500円前後

 Athlon X2 5050eはデュアルチャネルメモリインターフェースをサポートしており、パフォーマンスを発揮するには同容量のメモリを2枚差しする必要がある。32bit版のWindows 7を使うのなら、とりあえず1GB×2の2GBにしておけばよいだろう。M4A78-VMは、DIMMスロットを4つ備えているのでスペックに不満が出たときに増設できる。

Corsair「CM2X1024-6400」。超格安というコンセプトなら、ノーブランド品を選ぶのもアリだろう

その他必要なもの

 HDDと光学ドライブ/OS/ケース/電源ユニットの選び方については、基本的にIntel編と同じなので、そちらを参照してほしい。ちなみに、上記の構成でケースと電源ユニットを除いたパーツ価格の合計は、4万1900円前後となる。Intel編よりも多少高いが、こちらも格安の電源付きケースを選べば、5万円程度でWindows 7マシンを作成可能だ。

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中