このページの本文へ

都庁前iPhoneクラブ 第23回

iPhone 3GS、「動画撮影」で選んでもイインダヨ!

2009年10月25日 12時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ制作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

割とブレやすい……

カリー:まぁでもそれだけホメつつ、足りないところも多いんだけどね。

くじら:手ぶれ補正はほしいですよね。俺はスゴくブレます。

カリー:あるといいよねー。いくら端末が軽いとはいえ、数分間カメラを向けているとプルプルしてきてブレてしまう。

くじら:特に横構図で撮ろうとすると、レンズの位置が左上になるので、左手の親指と人差し指で薄いiPhoneを上と下から挟むことになる。ちょっと落とさないか不安ですよね。

 さらに画面をタッチしてピントを合わせるとなると、ものすごく不安定。この体勢でブレないようにして撮るというのは、すごく難しいんですよ。

ほとんどのケースでは、写真のような持ち方で撮影することになるだろう

カリー:テーブルとかに置けるシチュエーションだといいんだけど……。

くじら:例えば、街中でネコを見かけてすぐに撮りたいときは、手持ちになりますよね。iPhone 3GSにネックストラップを付けるところがあれば、手を伸ばしてストラップをピンと張って手ぶれを防ぐという方法が使えるんですけど。

カリー:アップデートで手ぶれ補正を付けるか、補正できる動画撮影アプリが出てくると嬉しいんだけど。一応、Macだと、動画編集ソフト「iMovie」の最新版「iMovie '09」で、撮影後に手ぶれ補正できる機能が付いているんだよ(Apple Storeで見る)。


オリジナル動画


こちらの記事で紹介した動画は、くじらさんがiPhoneを使って撮影したもの。手持ちで撮ったため、結構手ぶれしていることが分かる。iMovieから「大」サイズで投稿している。QuickTime(MOV)形式のオリジナルはこちら。容量は194MB。


iMovie '09での手ぶれ補正

「iMovie '09」とが含まれる「iLife '09」。価格は8800円。ちなみに最近のMacには最初からiLife '09が同梱されている

iMovie '09の画面でクリップを右クリックして「手ぶれ補正の解析」を選べば、手ぶれを補正してくれる

ブレの度合いが大きくて補正しきれないときは、拡大率を変えてみよう。画像囲みの歯車アイコンをクリックして、「クリップ調整」を選択

現れたインスペクタで、囲みの「最大拡大率」バーを右側に動かす。当然、動画を拡大するので画質は落ちるが、「画質よりも手ぶれ補正」というシチュエーションでは役立つだろう

手ぶれ補正後の動画


 上の動画を拡大して補正してみたもの。残念ながら極端に手ぶれしているところは、補正機能を使っても直せない。iMovieについてはこちらの連載が詳しい。


カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中