このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第4回

DS-10でチーターマン・プロが本気になったワケ

2009年10月11日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『ときメモ』から特撮主題歌へ

――えーっ、そういう展開ですか。

大石 面白いらしいってことで嫁が友達から借りて来たんですけど僕がハマっちゃいまして……。それで「ときメモ」の曲をやるコピーバンドってのをネットでたまたま見つけて、そこにドラマーとして入ったんですね。そのバンドのアレンジもしたんですが、それを聴いた人から、今度はガンダムのカバーをやる「G-BULL」というユニットに誘われるんです。

――なんだかすごいですね、その連鎖。

大石 G-BULLのメンバーは実はラジオディレクターや脚本家だったりするんです。それで声優さんを使ったドラマCDを作っていたんですけど、その主題歌のリミックスを頼まれたんです。その作曲がPSYCHIC LOVERのYOFFYだったんですね。それで特撮方面に行っちゃったわけです。

PSYCHIC LOVER公式サイト

PSYCHIC LOVER :特撮やアニメの主題歌を歌うYOFFY(Vo)とIMAJO(g)のデュオ。最近の楽曲のほとんどは大石さんがアレンジを手がけている

――人との出会いがいかに大事かっていう話ですね。

大石 本当にそうなんですよ。個人的な興味でいろいろやっているうちに、出会った人に使ってもらえる。その連続なんです。

――ただ特撮ものの主題歌って特殊な音楽で、難しい仕事じゃありませんでしたか?

大石 まずPSYCHIC LOVERはアメリカンロックな人たちなんですね。僕はそっちの方面は全然知らなかったんで、まずギターのパワーコードを初めて見て驚きました。僕はギターといえば渋谷系なんで。



――メジャー7thしか弾かねえぞ、みたいなね。子供向けの音楽ということで言えばどうですか?

大石 3~4歳児に向けて曲を作るんですからね。ただ、人が食いつくのは、やっぱり人の声だと思うんです。DS-10でも声ネタは盛り上がりますよね? だから歌さえちゃんと聴かせてやれば。そこは気を使ってます。

パワーコード : コードの調性を決める第3音を省略した、メジャー、マイナーの別なく使えるコード

――その合間にDS-10で遊んでいるわけですね。早くさっきの「ファミマ」を完成させましょうよ。

大石 今月はいろいろあって、うーん。あれは時期を逃すと封印するしかないんですよね……。

――今月は何が忙しいんですか?

大石 *pnish*っていう演劇グループの舞台音楽をやっています。『マハラジャモード』というインドを舞台にした演劇ですね。だからインド音楽なんですけど。

――それはまた随分傾向が違うんですけど。

*pnish* : 2001年結成のパフォーマンスチーム。メンバーは佐野大樹、森山栄治、鷲尾昇、土屋裕一の4人

大石 それでタルビン・シンとか聴いていたんですけど、求められているのは『踊るマハラジャ』かなあとか、今いろいろ悩んでいるところで。

――分りました。ファミマがボツりそうなのは惜しいですが、頑張ってください!

*pnish*『マハラジャモード』公演予定

作:*pnish* 演出:井関佳子
キャスト:小手伸也(innerchild)、永山たかし、オレノグラフィティ(劇団鹿殺し)、植野堀まこと、宮川康裕、大岩主弥、佐藤優(ACファクトリー)、内藤大希、大森良一、伊藤翼、セイン・カミュ

2009年10月24日(土)、25日(日) 新神戸オリエンタル劇場
2009年10月29日(木)~11月3日(火・祝) サンシャイン劇場
2009年11月7日(土)、8日(日) 名古屋市芸術創造センター
詳細はhttp://www.pnish.jp/

著者紹介――四本淑三

 1963年生まれ。高校時代にロッキング・オンで音楽ライターとしてデビューするも、音楽業界に疑問を感じてすぐ引退。現在はインターネット時代ならではの音楽シーンのあり方に興味を持ち、ガジェット音楽やボーカロイドシーンをフォローするフリーライター。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン