このページの本文へ

買ったからには全部言いたい!「E-P1」の光と影 最終回

結局、E-P1は「いい買い物」だったのか!?

2009年10月01日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

多重露出は2つの方法でできる

 E-P1の多重露出機能は2種類ある。まずは撮影時にメニューから選択する方法。設定できるのは「コマ数」、「自動ゲイン補正」、「再生画+多重」の3つの項目。

 コマ数では「2コマ」か「オフ」を選択可能。2コマを選ぶことで多重露出がオンになる。自動ゲイン補正は、適正な画像を2枚合成すると明るさが1段分明るくなってしまうが、撮影時に明るさを1/2にすることで合成後に適正な露出になるように調整してくれる。再生画+多重ではカメラに記録されている過去に撮影したRAWデータを選び、その画像に対して再度の露光を行なえる。

多重露出を選んでる

メニューから「多重露出」を選択する

コマ数で2コマを選んでる

選べるのは「2コマ」か「OFF」。2コマを選んだ時点で機能が適用される

自動的に明るさを半分にするので、意図的に明るさの調節を行なうのでなければ自動ゲイン補正は通常「オン」にしておかないと露出オーバーの写真になってしまう

メディアに保存されているRAW画像に対して再露光を行なうこともできる

メディアに保存されているRAW画像に対して再露光を行なうこともできる

メディア内に保存されているRAW画像の一覧が表示され、どの画像に対して再露光を行なうか選択する

メディア内に保存されているRAW画像の一覧が表示され、どの画像に対して再露光を行なうか選択する

 もう1つの方法は、すでに撮影した記録されているRAW画像の合成。再生メニューから「編集」―「画像合成」を選ぶ。2コマか3コマのどちらかを選び、次にRAW画像の一覧が出るので画像を選択しプレビューを見ながら各画像の明るさを調整することが可能だ。

再生メニューから「編集」の項目を選択する

再生メニューから「編集」の項目を選択する

「画像合成」を選ぶ。「画像選択」を選ぶとRAW現像や簡易レタッチ機能を使用できる

「画像合成」を選ぶ。「画像選択」を選ぶとRAW現像や簡易レタッチ機能を使用できる

「2コマ」か「3コマ」を選択できる

「2コマ」か「3コマ」を選択できる

3コマ目を選んだらすぐに合成処理が始まる

3コマ目を選んだらすぐに合成処理が始まる

3枚の元画像の明るさをそれぞれ調整可能で、明るさの強弱をつけることができる

3枚の元画像の明るさをそれぞれ調整可能で、明るさの強弱をつけることができる

「実行」を選ぶと画像が保存される。このときにカメラに設定されている保存形式で保存される。処理を始める前にRAWにしておけば合成画像もRAWで保存される

「実行」を選ぶと画像が保存される。このときにカメラに設定されている保存形式で保存される。処理を始める前にRAWにしておけば合成画像もRAWで保存される

 多重露出を使えば、以下のサンプルのように過去に撮った写真同士の合成や再露光など、結構面白く写真をいじれる。


多重露出サンプル

サンプル1

サンプル1

サンプル2

サンプル2

サンプル3

サンプル3

サンプル4

サンプル4

サンプル5

サンプル5

左の写真は撮影時に多重露光をかけたもの。1回目にピントが合ってる写真で2回目にピントをはずした状態で多重露光させてる。右の写真は同じことをカメラの設定で行なった。2枚合成時にそれぞれの写真の明るさの調節ができるので、実際に撮る時よりも面白い写真にすることができる

(次ページに続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン