このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

iPhoneの新作ゲーム3連発! スクエニの本気を見た

2009年09月24日 23時07分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律 完全版

 最後は、シミュレーションRPGの「ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律 完全版」だ。2008年にiPodオリジナルとしてリリースしたものをベースに、新規シナリオを追加するなどして生まれ変わらせた。発売日/価格は未定。

ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律 完全版

ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律 完全版

ゲームは基本的には、自分のキャラを選んで敵を攻撃して撃破していくというターン制の戦略シミュレーションだ

 その特徴は何といっても、iPhone/iPod touchに入った音楽をベースに、「ミュージックファイター」という味方キャラクターを生成できるという点。選んだ曲によって、外観や強さが異なるファイターが生まれてくる。

 会場で説明してくれた方によれば、ミュージックファイターのパラメーターはランダムに決まるとのこと。2台のiPhoneで同じ曲を使ってファイターを作っても、必ずしも同じパラメーターになるわけではないようだ。

 ただし、ひとつの端末で一度読み込ませた曲は記憶されており、同じ曲を再び読み込ませても同じキャラクターしか生まれない。ミュージックファイターは戦闘で使える回数が決まっており、限度を超えると再び生み出す必要がある。

 ということで、より強いミュージックファイターを見つけるために、ユーザーは自分の音楽ライブラリーにある曲を次々と読み込ませることになる。「歌われぬ戦士の旋律」という副題の通り、今までまったく聞いていなかった曲でもこのゲームで出番が回ってくるわけだ。

一番の醍醐味は、ミュージックファイターの生成にある

「エアリスのテーマ(PIano Version)」を読み込ませてみると……

ミュージックファイターが誕生! セクシーな外観だが、総合評価はCとそんなに高くない

 ヒップホップならアフリカンといった具合に、曲のジャンルを反映してキャラクターの外観も変わるようだ。まれにレアキャラも出現するという。何だか往年の「バーコードバトラー」を思い出してしまったのは、筆者だけではないはず(オッサンとかゆーな!)。

 さらにiPhone/iPod touch版では、演出面が大幅にパワーアップしているのも見逃せない。

敵キャラクターの登場もいちいちカッコイイ! 見ていて気持ちいい演出が随所に見受けられる

「iPodのソングサマナーをぜひ移植してほしい」というユーザーの熱望に応えて作られたというこの「完全版」。App Storeに登場した際には、ぜひともミュージックファイター作りにいそしんでみよう!


これらの3タイトルは東京ゲームショウのスクエニブースにて体験できる。興味のある人は一般開放日である26/27日に遊びに行ってみよう


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中