このページの本文へ

「なくてはならない」エプソンの複合機が一挙登場!

2009年09月17日 22時30分更新

文● 広田稔/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年も年賀状の季節が近付いてきている。年賀状作りと言えば、プリンターは欠かせないアイテムだ。8日に発表されたキヤノンの「ピクサス」シリーズに続き、17日にはエプソンが「カラリオ」シリーズの新製品を発表した。

 ラインアップは、5機種の複合機、1種類のA4プリンター、2種類の7インチ液晶付きのフォトプリンター、1種類のA2プリンターという合計9製品。9月25日から順次発売される予定だ。

主戦場となる複合機では、写真印刷向けで有線/無線LANに対応した「EP-902A」「EP-802A」という2機種が注目だ
2009年冬モデルの全ラインアップ各製品の位置づけ予想販売価格と発売日

暮らしの中で、なくてはならない存在

EP-902A。6色インクで有線/無線LANに対応。複数原稿のスキャンに役立つADFを備えている。予想販売価格は3万円台後半EP-802A。6色インクで有線/無線LANに対応。予想販売価格は3万円台前半
EP-702A。6色インクで、予想販売価格は2万円台前半PX-502A。4色インクで有線/無線LAN対応。予想販売価格は1万円台後半PX-402A。4色インクで、予想販売価格は1万円台前半

 カラリオシリーズにおける今年のキーワードは「なくてはならない」というもの。

 近年、人気を集めているプリント/スキャン/コピーが可能な複合機では、「暮らしの中で、なくてはならない存在」というキャッチフレーズを掲げている。

 無線LANを搭載するネットブックや家庭用ゲーム機が増えてきたことを受けて、EP-902A/EP-802A/PX-502Aという3つの新機種では、有線/無線LANに標準対応した。AOSSやWPSといった機能に対応しており、ボタンを押すだけで簡単に無線LANを設定できるのも特徴だ。

 加えて、リビングなどを含む、家のどこにでも置けるデザインを目指している。EP-902A/EP-802A/EP-702Aにおいては、昨年にフルモデルチェンジした外観デザインがベースとなっている。今年はさらに天板の表面にドットパターンテクスチャーをほどこして、傷や指紋を目立ちにくくした。

A4プリンターのEP-302。6色インクで、予想販売価格は1万円台中盤

スライドショーも見られる新「カラリオ ミー」

E-800。4色インクで、操作用のキーボードが付属する。予想販売価格は5万円台中盤E-600。4色インクで、予想販売価格は2万円台後半

 フォトプリンター「カラリオ ミー」シリーズには、7.0インチというフォトプリンターにしては大型の液晶ディスプレーを備えた「E-800」と「E-600」が追加された。写真印刷の用途だけでなく、大画面液晶を生かして写真のスライドショーも楽しめる。

 さらに上位の「E-800」はキーボードを備えており、ハガキ作成にも対応した。内蔵された素材コンテンツを使って裏面をデザインし、住所録データを元に宛名面を作ることが可能だ(住所録はCSVファイルを取り込める)。

カメラマンなどを対象にした「プロセレクション」シリーズの新製品としてA2プリンターのPX-5002も発表した。新たに採用したビビッドマゼンタ/ビビッドライトマゼンタを含む8色インクを採用。予想販売価格は15万円台後半

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン