このページの本文へ

HTMLから変換!Adobe AIR開発の入門編 (2/4)

2009年09月29日 10時00分更新

文●宮田 亮/Webシステム開発株式会社代表取締役

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 第1回でご紹介したように、AIRアプリケーションを実行するには、AIRランタイムが必要です。セットアップの方法はシンプルですが、以下に手順をご紹介します。


AIRランタイムのダウンロードとインストール

 AIRランタイムはアドビ システムズのサイトからダウンロードできます。Windows版/Mac OS版/Linux版がありますので、お使いの環境に合わせて入手してください。ここでは、Windows環境を前提に解説を進めます。

●Adobe AIRランタイムのダウンロード
 http://get.adobe.com/air/?loc=jp


 ランタイムをダウンロードした後のインストール手順は通常のアプリケーションと同様です。ダウンロードした「AdobeAIRInstaller.exe」を実行します。なお、以下の画面はWindowsやAIRのバージョンによって多少異なります。

AIRのインストール

ダウンロードしたインストーラを実行する

AIRのインストール

使用許諾契約書に同意する

AIRのインストール

ランタイムのインストールが正常に終了する


 ランタイムのインストールが完了すると、AIRアプリケーションをすぐにインストールして実行できます。


シームレスインストールを利用する

 アドビはAIRアプリケーションの配布方法として、開発者にとってもユーザーにとっても非常に効率がよい、「シームレスインストール」と呼ばれる洗練された方法を用意しています。

 先ほどは、AIRアプリケーションをインストール・実行する正式な手順として、ランタイムのインストール方法をご紹介しましたが、シームレスインストールによる配布方法をとれば、ユーザーはAIRアプリケーションと同時にランライムをインストールできます。つまり、ランタイムを個別にダウンロードしてインストールする必要がなくなります。

 シームレスインストールを体験していただくために、サンプルアプリケーションとシームレスインストーラを作成しました。ランタイムをインストールしていない方も、AIRアプリケーションと同時に“シームレス”にインストールできますのでお試しください。なお、インストールしたAIRランタイムとAIRアプリケーションは、通常のアプリケーションと同様、コントロールパネルから削除できます。

 筆者が作成したサンプルアプリケーションは、ベーシックなエフェクト効果(ビヘイビア)を確認するシンプルなものです。下記のサイトからダウンロードできます。


AIRのインストール

シームレスインストールを体験してもらうために作成したサンプルのダウンロードページ


 AIRランタイムがインストールされていない場合、次のダイアログで「はい」を選択してインストールできます。ランタイムがインストール済みの場合は、アプリケーションのインストールがすぐに始まります。次の画面では、「開く」を選択してダウンロードと同時にセットアップを開始します。

AIRのインストール

ランタイムが存在しない場合は確認のメッセージが表示される

AIRのインストール

ダウンロードと同時にAIRアプリケーションをインストールする


 セットアップ開始後の画面では、(1)発行者ID、(2)システムアクセスに関する警告が出ますが、(1)は独自に作成したデジタル証明書を使用していること、(2)はAIRアプリケーションがローカルシステムに対してアクセスする機能を持つことの確認です。「インストール」を選択したあと、インストール先などを設定すると、すぐにインストールが始まります。

AIRのインストール

インストール時に表示される警告


 次のようなアプリケーションがインストールされます。

AIRのインストール

筆者が作成したサンプルアプリケーション


この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く