このページの本文へ

1ポートあたり30Wの供給が可能

ネットギア、PoE Plusに対応するギガビットスイッチ

2009年09月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月10日、ネットギアジャパンはPoE対応のギガビットスイッチ「GS748TPS」「GS724TPS」の2機種を発表した。

 GS748TPSは1Gbpsポートを48ポート、GS724TPは24ポート搭載するモデル。全ポートがIEEE802.3af準拠のPoEに対応するとともに、1~4ポートのみIEEE 802.3afの2倍となる1ポートあたり30Wの給電能力を誇るPoE Plus(IEEE802.3at Draft)に対応した。消費電力の高いIP電話機や無線LANアクセスポイントなどに対しても、LANケーブル経由での給電が行なえる。

48ポート搭載のGS748TPS24ポート搭載のGS724TP

 両モデルとも、2つのスタック用ポートを備え、最大6台までスタック接続が行なえる。VLANやトランクポート、IEEE802.1x、QoS(Quality of Service)などの企業向けスイッチとして標準的な機能のほか、IP ACLやゲストVLANなどの機能も備える。また、SNMPv1/2/3に対応するほか、SMB向け製品で共通のGUI管理ツール「ProSafe Control Center」も搭載。利用している限り保証が継続されるライフタイム保証にも対応する。

 定価はGS748TPSが41万7900円、GS724TPSが23万1000円(ともに税込)となっている。出荷は9月中に行なわれる。

カテゴリートップへ