このページの本文へ

新型インフルのパンデミックに備えよ!第6回

端末代も月額615円から

日本通信、月額基本料無料のパンデミック対策の通信プラン

2009年09月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月10日、日本通信は法人向けデータ通信サービス「I・Care3G(アイ・ケア3G)」において、パンデミック対策など非常時の通信手段の確保として使える新プラン「非常時通信用プラン」を9月16日より提供すると発表した。

 非常時通信用プランは、登録時の事務手数料2500円、端末代が月額615円(24回分割の場合)が必要となるものの、契約後24ヶ月間は月額基本料金が発生せず、1分20円のデータ通信料で利用できる。新型インフルエンザなどのパンデミック時の在宅勤務用に、事前に契約しておくといった用途に便利なプランといえる。

I・Care3Gで利用するUSBデータ通信端末「MF636-BKIC」。WCDMAのHSUPA(2.0Mbps)とHSDPA(7.2Mbps)に対応する

 25ヶ月目からは、月額350円の基本料金とユニバーサルサービス料が必要。契約は、1社10回線からとなる。

 なお、I・Care3Gは、NTTドコモのFOMAネットワークを利用するMVNO(Mobile Virtual Network Operator)サービスで、電話番号やワンタイムパスワードによる認証、インターネットを経由せず閉域網だけでユーザ企業に接続するといった法人向け機能を用意している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ