このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

サーバ4モデル、NAS1モデルほか、UPSも発表

SMB市場に鼻息荒し!デルがXeon 3400サーバ投入

2009年09月11日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

9月10日、デルはXeon 3400番台を搭載したSMB(Small&Medium Business)向けのサーバやストレージを発表し、その説明のためのメディアブリーフィングを実施した。同社が得意とする低価格サーバの分野で、他社に先駆け製品をアピールした形だ。

Xeon 3400導入のお手頃サーバ

 メディアブリーフィングにおいてデル株式会社 SMBマーケティング本部 北アジア地域 本部長 原田 洋次氏は、今年に入ってからのサーバ事業の取り組みについて説明した。

デル株式会社 SMBマーケティング本部 北アジア地域 本部長 原田 洋次氏

 まず2009年4月のXeon 5500の発表に合わせたメインストリームとなる第11世代(以下、11G)のサーバ、ストレージ、サービスをまとめて発表し、6月には仮想化やHPCを中心としたITの効率化をテーマにした製品群を投入した。そして、今回は先頃発表されたXeon 3400を搭載可能な1ソケットサーバを中心に、SMB向け製品を一気に投入する。サーバ、ストレージ、サービスなどをまとめて投入するのは、ハードウェア売りからソリューションベンダーへの脱却を図る最近のデルの得意パターンである。

今年行なわれたデルのサーバ、ストレージの発表

 原田氏は500人以下の従業員を抱える日本のSMBの課題と特徴として、(1)電力・スペースの有効活用、(2)サーバ・ストレージの増加、(3)管理者の不足、(4)管理費の割合が高い、(5)運用コストより初期導入コストを重視、といった5つを挙げた。コストなどの規模は大きく異なるものの、昨今はエンタープライズの要件にかなり近づいているという。

 こうした課題に対して、今回発表される11GサーバのSMBモデルでは、設定の容易さ、信頼性の高さ、データ保護などの解決策を提示する。具体的には、省電力性能に優れたXeon 3400番台をいち早く搭載したモデルを投入するほか、サーバの初期設定をメディアレスで行なえるDell Lifecycle Controller 1.2やソフトウェアRAIDの無償提供などを盛り込んだ。発表された製品は以下の通り。

Dell PowerEdge T110

1ソケットのタワー型サーバで、4台のHDD、4つのDIMMスロットを搭載する。9月30日出荷開始。

Dell PowerEdge T310

1ソケットのタワー型サーバで、4台のHDD、6つのDIMMスロットを搭載する。前面に状態表示用の小型ディスプレイを備える。9月16日出荷開始。

タワー型のエントリモデル「T110」同じくタワー型の「T310」

Dell PowerEdge R210

1ソケットの1Uラックマウント型サーバで、2台のHDD、4つのUDIMMスロットを搭載する。背面にデュアルのギガビットポートとeSATAポートを装備した。9月30日出荷開始。

ラックマウント型の省電力サーバ「R210」

Dell PowerEdge R510

2ソケットの2Uラックマウント型サーバで、12台のHDD、8つのDIMMスロットを搭載する。Xeon 5500番台を搭載。10月16日出荷開始。

12台のHDDを搭載可能な「R510」

Dell PowerVault NX300

1Uラックマウント型NASで、最大4TBを単体で搭載。1台のNX300アレイを追加できる。OSにWindows Storage Serverを採用する。

OSにWindows Storage Server搭載の1UラックマウントNAS

 その他、10種類のUPS製品も発表された。想定価格はDell PowerEdge T110やR210は11万円前後、R510が最小構成で20万円以下となっている。

(次ページ、中身も見せた!写真で見る新サーバ)


 

前へ 1 2 次へ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー