このページの本文へ

専用サーバ「「Lotus Foundations サーバー 1.1」も用意

最短30分で導入完了!日本IBMの「Lotus Foundations」登場

2009年09月09日 07時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月8日、日本IBMはグループウェア製品群「Lotus Foundations」とアプライアンスサーバ「Lotus Foundations サーバー 1.1」を発表した。

 Lotus Foundationsは、IT部門の人員が不足していたり、選任のシステム管理者がいない小規模なオフィスや複数の事業所を持つ企業を対象にした製品で、最短30分のセットアップで利用が可能になるという。搭載する機能は、

  1. Lotus Foundations Start 1.1
  2.  グループウェア(電子メールやカレンダー、掲示板など)、ファイル共有、自動的なバックアップとリストア、オフィススイート「Lotus Symphony」

  3. Lotus Foundations Reach 1.1
  4.  チャット(テキスト、ボイス、ビデオ)や在庫確認、ロケーション確認など

  5. Lotus Foundations Branch Office Server 1.1
  6.  本社部門などでLotus Notes/Dominoを利用し、その機能を各事業拠点に展開したいユーザー向け。必要な設定情報を自動的にコピーすることで、導入コストを最大40%削減し、本社と同様のグループウェア環境を構築

など。なお、Lotus Foundations Start 1.1に含まれるLotus Symphonyは、オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」をベースにIBMが開発した無料のオフィススイートだ。

「Lotus Foundations向けに用意されたサーバ「Lotus Foundations サーバー 1.1」

 Lotus Foundations サーバー 1.1は、Lotus Foundationsをより手間なく導入するために、カスタマイズされたLinuxがプリインストールされたサーバ。本サーバとLotus Foundationsのライセンスを購入することで、通常のサーバを活用するより、高い信頼性と導入時間の短縮、迅速なビジネス展開が行なえるとしている。

 価格(税別)は、Lotus Foundations Start 1.1が1ユーザーあたり2万1400円、Lotus Foundations Branch Office Server 1.1が1サーバあたり47万1900円。また、Lotus Foundations サーバー 1.1は25万円となる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ