このページの本文へ

インテル、メインストリーム向け新CPU Core i7/5発表

2009年09月08日 13時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
深夜販売されたCore i7とCore i5のパッケージ Core i7 870
深夜販売されたCore i7とCore i5のパッケージCore i7 870

 インテル(株)は8日、「Lynnfield」のコード名で呼ばれていたデスクトップパソコン向けの新CPU、「Core i7 プロセッサー」と「Core i5 プロセッサー」を正式に発表した。既報のとおり、すでに秋葉原のパーツショップ等で販売されている。

 新しいCore i7/Core i5は、2008年11月に登場したハイエンドデスクトップ向けCPU「Core i7 9xx」シリーズと同じ、Nehalemアーキテクチャーを採用するデスクトップ向けCPUである。i7 900番台がハイエンドマシンをターゲットとしていたのに対し、i7 800番台とi5 700番台はメインストリームの製品をターゲットとしており、インテルでは「ハイエンドの性能をメインストリームユーザーに」もたらすCPUと位置づけている。既存のCPUと比べると、Core 2 Quadを置き換えるものといえる。

 発表された新CPUは以下の3種類。なお価格は、OEM向け1000個受注時の1個あたりの価格である。

クロック周波数 3次キャッシュ メモリー TDP 価格
Core i7-870 プロセッサー 2.93GHz 8MB DDR3-1333 95W 5万4560円
Core i7-860 プロセッサー 2.80GHz 2万7570円
Core i5-750 プロセッサー 2.66GHz 1万9030円

 新しいi7 800番台/i5 700番台は、Nehalemアーキテクチャーを継承したことにより、CPU内にメモリーコントローラーを内蔵して、より高速なメモリーアクセスを実現した点が大きな特徴である。4つのCPUコアを1枚のダイ上に搭載。ハイパースレッディング・テクノロジーにも対応して、論理8コア(物理4コア)ものCPUコアを備える(i5は物理4コアのみ)。

 また、TDP(熱設計時消費電力)の範囲内でCPUコアの一部(または全部)をオーバークロック動作させて、スレッド数は少ないが高性能を求めるアプリケーションを高速化させる「ターボ・ブースト・テクノロジー」にも対応。Core i7 870の場合、通常はクロック周波数2.93GHzのところを、ターボ・ブーストによって最大3.6GHzまでの高クロック動作が可能という。最大TDPは95Wで、最大130Wだったi7 900番台より省電力化されている。

Core i7 870とCore 2 Quad Q9650のパフォーマンス比較 Core i5 750とCore 2 Quad Q9400のパフォーマンス比較
インテルによるCore i7 870とCore 2 Quad Q9650のパフォーマンス比較の例。iTunesでも14%、3DMark VantageのCPUスコアでは62%も高速化されている新製品では下位のCore i5 750と、同クロックのCore 2 Quad Q9400のパフォーマンス比較の例

 新しいi7 800番台/i5 700番台と、従来からあるi7 900番台の主な違いは以下のようになる。

i7 900 i7 800 i5 700
CPUコア数 4(論理コア8) 4
ハイパースレッディング あり なし
2次キャッシュ 各コア 256KB
3次キャッシュ 共有型 8MB
メモリーコントローラー DDR3-1066対応、トリプルチャンネル DDR3-1333対応、デュアルチャンネル
外部バス QPI 4.8または6.4GT/秒、最大25.6GB/秒 DMI 2GB/秒
CPUソケット LGA1366 LGA1156
PCI Express x16 なし あり

 i7 900番台は内蔵メモリーコントローラーがDDR3-1066のトリプルチャンネル対応だったが、i7 800番台とi5はデュアルチャンネルに減る代わりに、メモリーモジュール自体はやや高速なDDR3-1333に対応している。またi7 800番台とi5では、PCI Express x16のインターフェースが、CPU側に内蔵されているのも大きな違いとなる。CPUソケットも異なる。

 一方でi7 800番台とi5 700番台の基本的な違いは、ハイパースレッディングの有無による論理コア数の違い(8対4)と、クロック周波数だけとなる。

LynnfieldとCore 2 Quadの構成の違い i7 800/i5 700(Lynnfield)+P55(IbexPeak)による構成と、既存のCore 2 Quad+Intel 4シリーズチップセットによる構成の違い

 i7 800番台とi5 700番台に対応するチップセットとしては、Intel P55 Expressチップセットが2009年6月に発表されている。パーツショップ店頭ではCPU発表前から、すでにP55 Express搭載マザーボードが販売されており、各社も新製品を発表、発売している。

 i7 800番台とi5 700番台を採用するパソコンも、同時に各社から発表されている。デスクトップパソコンのメインストリームも、いよいよNehalem世代へ移行することになりそうだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン