このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

インテル「P55」搭載マザーボード

インテル「P55」搭載Core i5/i7対応の新型マザー大量デビュー

2009年09月08日 05時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Biostar

 BiostarからはATXフォームファクタタイプが3モデル登場している。ATI CrossFireX/NVIDIA SLI両サポートの「TPower I55」、CrossFireXサポートの「T5 XE」、シンプルな「TP55」というラインナップだ。

TPower I55

ブラックカラーの基板に数多く配置されたヒートシンクがよく目立つ「TPower I55」は、CrossFireX/NVIDIA SLI両サポートの上位モデル

 ブラックカラーの基板に数多く配置されたヒートシンクがよく目立つ「TPower I55」は、CrossFireX/NVIDIA SLI両サポートの上位モデル。拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x4×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-2000(OC)/1866(OC)/1600(OC)/1333/1066、16GBまで)となる。
 また、オンボードインターフェイスは、インテルとRealtekによるデュアルギガビットイーサネットやRealtek/ALC888Sによる8chサウンド、IEEE1394、Serial ATA II×6、eSATA×2、IDE×1、FDD×1。

価格ショップ
「TPower I55」
¥19,770フェイス本店
¥19,780TWOTOP秋葉原本店
¥20,480アーク

T5 XE

CrossFireXのみをサポートするミドルレンジモデル「T5 XE」。価格も1万4000円を切った手頃な印象

 「TPower I55」とは一転、Biostarらしい配色となった「T5 XE」は、CrossFireXのみをサポートするミドルレンジモデル。価格も1万4000円を切った手頃な設定だ。拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×2(動作モードはx16+x0/x8+x8)、PCI Express x1×2、PCI×2。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-1866(OC)/1600(OC)/1333/1066、16GBまで)となる。
 また、オンボードインターフェイスは、Realtek/8111DLによるギガビットイーサネットやRealtek/ALC888による8chサウンド、Serial ATA II×6、IDE×1、FDD×1。

価格ショップ
「T5 XE」
¥13,670フェイス本店
¥13,680TWOTOP秋葉原本店
¥13,980アーク
ドスパラ秋葉原本店

TP55

マルチGPUをサポートしないプレーンな下位モデル「TP55」

 「TP55」は、マルチGPUをサポートしないプレーンな下位モデル。拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×2、PCI×2。メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-1866(OC)/1600(OC)/1333/1066、16GBまで)となる。
 その他、オンボードインターフェイスは、Realtek/8111DLによるギガビットイーサネットやRealtek/ALC662による6chサウンド、Serial ATA II×6、IDE×1、FDD×1。

価格ショップ
「TP55」
¥12,770フェイス本店
¥12,780TWOTOP秋葉原本店
¥12,980アーク

【関連サイト】

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中