このページの本文へ

買う前に知っておきたいWindows 7のアレコレ特集 第1回

どれを買えばいい? Windows 7エディション全部解説

2009年09月02日 18時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 各エディションで差のある主な機能には、以下のようなものがある。


ドメイン参加 (Professional、Ultimate)

 ビジネス向けとして重要な「Windowsドメインネットワーク参加機能」は、ProfessionalとUltimateに搭載される。Home Premiumには搭載されない。


Windows XPモード (Professional、Ultimate)

 「Windows Virtual パソコン」と「Windows XP Mode」によって仮想Windows XP環境を実現し、Windows 7と互換性のないWindows XP用アプリケーションを動作させる機能。搭載するのはProfessionalとUltimateのみで、仮想化機能「Intel Virtualization Technology」または「AMD-V」に対応したCPUが必要となる(CPUに機能があってもBIOSで無効化されている場合、有効にする必要もあり)。

 なお、該当エディションでも標準では搭載されていないので、「Windows XP Mode and Windows Virtual PC」のページで無償提供されているプログラムを、ユーザー自身でインストールする必要がある

「Windows Virtual パソコン」と「Windows XP Mode」はユーザーが導入する必要がある


ネットワークバックアップ (Professional、Ultimate)

 Windows Vistaではスケジュールを設定したバックアップが可能になったり、システム全体をバックアップできたりと、バックアップ機能の向上が図られた。Windows 7ではさらにその機能が充実。システム全体を保存する際、バックアップ先の対象メディアとしてネットワークドライブが指定できるようになった(関連記事)。ネットワークHDD(NAS)やほかのパソコンの共有ドライブにもバックアップデータを保存でき、そこから復元することも可能となった。

NASなどにシステムイメージを丸ごと保存することが可能


リモートデスクトップ (Professional、Ultimate)

 Windows 7ではリモートデスクトップの性能が向上し、Aeroによる3D表示なども可能になっている。クライアント操作はHome Premiumでも可能だが、リモートホスト(サーバー側)になれるのはProfessionalとUltimateのみだ。

リモートデスクトップ機能が向上し、サーバー側のAero表示などの再現性も高い。動画の再生も可能だ


BitLockerドライブ暗号化 (Ultimate)

 Windows Vistaから搭載されているディスク暗号化機能である「BitLocker」はUltimateのみ対応。パソコンが盗難された場合でもデータを読み取られる恐れが少なくなる。さらにWindows 7では、「BitLocker To Go」が搭載され、USBメモリーなどのリムーバブルディスクも暗号化できるようになった。

「BitLocker」による暗号化は、ドライブを右クリックしてパスワードを設定するだけと簡単


多言語対応 (Ultimate)

 言語パックをダウンロードすれば、Windows 7を35言語に対応させることが可能。多言語対応アプリケーションの使用や開発などに役立つ機能だが、Ultimateのみ対応する。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン