このページの本文へ

連休の渋滞回避はコレ! カーナビ購入ガイド第2回

車内をリッチに演出! 全部入りナビ【2DIN、1DIN編】

2009年08月28日 22時00分更新

文● 真鍋裕行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SANYO

AV ゴリラ

 ポータブルナビで有名な「ゴリラ」シリーズのビルトインタイプが「NVA-GS1609FT」と「NVA-GS1409DT」。前者はトップモデルとなり、12セグ+ワンセグの地デジチューナーと16GBのSSDを搭載している。後者は、テレビチューナーがワンセグのみとなり、SSDの容量は8GBとなっている。だがナビゲーション機能はほぼ同等なので、テレビチューナーの違いが大きなポイントだろう。

 地図検索や操作性は、定評のあるゴリラエンジンと大容量のSSDにより、HDDモデルにも引けを取らない性能を誇っている。SSDは、HDDよりも車内の熱やホコリに強いのが特徴で、壊れにくさにアドバンテージがあるのだ。

 地図表示は、2009年モデルから全国1157エリアの詳細市外地図を収録。3Dのリアル交差点や都市高速入口の表示などドライバーが迷いやすいポイントをフォローしてくれる。

 音楽やDVD再生にも対応していて、SDカードやUSBによる接続も可能。録画した映像を見ることもできる。16GBモデルだと約1300曲の音楽を保存することができ、車内エンターテイメントとして問題ないスペックを持っている。

 実売価格は「NVA-GS1609FT」が11万~18万円、「NVA-GS1409DT」が9万~14万円。

全国1157エリア、電話番号約4000万件のデータを収録交差点に近づくと自動的に3Dマップも表示される
全国3000ヵ所以上のジャンクション・ランプガイド統計データから渋滞回避ルートを検索してくれる

主なナビ機能

  • ルート学習機能
  • 時間帯考慮ルート探索
  • FM多重VICS内蔵
  • 周辺検索地図同時表示
  • コンビニ詳細情報
  • 盗難多発地点警告27府県
  • エコドライブ情報
  • 地図色時間連動機能
  • Gorillaエンジン
  • スマートIC対応など

その他の機能

  • 7型QVGAモニター
  • SSD
  • 地デジフルセグ(NVA-GS1609FTのみ)
  • ワンセグ
  • 対応ディスク:DVD、CD
  • 対応フォーマット:MP3、WMA
  • iPod&iPhone対応
  • 画像ビューワー:JPG
  • FM、AM
  • USB接続
  • B-CASカードスロットなど
■Amazon.co.jpで購入

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン