このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高感度撮影が4倍きれいな「サイバーショット」登場

2009年08月06日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DSC-WX1」
「DSC-WX1」は3色展開。左からゴールド、ブラック、シルバー

 ソニーから、新サイバーショット「DSC-WX1」と「DSC-TX1」の2機種が登場する。両機種の最大の特徴は、有効1020万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を採用したことだ。

前面のスライドカバーを下すことで撮影状態になる「DSC-TX1」
前面のスライドカバーを下すことで撮影状態になる「DSC-TX1」

 裏面照射型CMOSセンサーは、同社のビデオカメラ「ハンディカム」などで採用されているCMOSセンサーで、回路部を受光部の背面に設置することで、受光面積を拡大。これにより感度が上がり、ノイズの発生を従来比で半分に抑えられる。

WX1で「手持ち夜景モード」を設定
WX1で「手持ち夜景モード」を設定

 また、1度のシャッターで6枚連写を行ない、これを合成することでノイズを低減する「手持ち夜景モード」を搭載。Exmor Rとの組み合わせにより、高感度撮影時でもノイズを4分の1にまで低減できる。


広角24mm撮影ができる「WX1」

手に持ってみたところ
手に持ってみたところ。光学5倍の「Gレンズ」を採用する

 WX1は同社の「Gレンズ」を搭載。光学5倍ズームで焦点距離は24~120mm、F値はF2.4~5.9となっている。また、メカシャッターの搭載により、フル画像サイズで10枚/秒の高速連写が可能。

 さらに「スイングパノラマ」機能では、最大で256度(連続100枚の高速連写)のパノラマ写真の作成ができる。

従来のWシリーズ(左上)から、よりフラットなデザインになった
従来のWシリーズ(左上)から、よりフラットなデザインになった

 発売日は9月18日で予想実売価格は4万円前後となる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン