このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

コスト削減100本ノック 第11回

賢い管理者は証明書を使い分ける

【11本目】低価格SSL証明書はサーバの維持費に効く

2009年08月05日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp
記事協力●GMOグローバルサイン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スキップ申込サービスで CSR作成の手間も不要に

 さらに、グローバルサインならではの特徴として、「スキップ申込サービス」が挙げられる。これは必要な情報をフォームに入力すると、グローバルサイン側で証明書の申請に必要なCSRや秘密鍵をユーザーの代わりに生成するというもの。証明書や秘密鍵は暗号化された形でユーザーに提供されるため、安心だ。

通常のサービスとスキップ申込サービスの流れの違い

 このサービスを用いると、あまり知識のないユーザーでも気軽にSSLサーバ証明書を取得できるというメリットのほか、手元にサーバがなくても証明書が入手可能になる。

 このようにグローバルサインのクイック認証SSLは、昨今のコスト削減の要件にきっちり応える頼りがいのあるサービスといえる。今後はすべて高価な証明書ではなく、低価格な証明書を組み合わせるハイローミックスがトレンドになっていくはずだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ