このページの本文へ

日本語だけじゃなく、英語も情報検索もお任せ!

今こそ選ぶATOK 2009 for Mac(中編)

2009年08月13日 10時00分更新

文● 倉田吉昭、MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

間違いのない日本語のための
充実した校正サポート機能

 日本語は奥が深く、同じ意味や発音でも多くの表現があったり、尊敬語や謙譲語といった敬語の使い分けがあるなど、多彩な表現を理解しないと、場合によってはコミュニケーションに支障を来してしまう。しかし、こうした使い分けをきちんとできている人が少ないのも事実だ。そこでATOKの出番。誤りのない日本語を書くための機能も用意されているのだ。

 ワープロの発達で漢字の変換が容易になった半面、同音異義語の違いに気づかず、間違った漢字に変換してしまうことも多い。そんなときに便利なのが、「よく似た同音語」の指摘だ。

ATOK 2009 for Mac

同音異義語の使い分けは指摘されると気づくものの、見落としがちなミスのひとつ。うっかりミスを減らすのにぜひ活用したい

 さらにビジネスシーンでは特にありがたいのは、「謙譲語と尊敬語の混同」の指摘。特に後者は間違えて使うと失礼にあたるので要注意。ATOKなら、そのミスを格段に減らすことができる。

ATOK 2009 for Mac

敬語と謙譲語を誤って使ってしまうケースも、よくある間違えの代表例。単に混同を指摘して添削するだけにとどまらず、解説も表示される。そのため、敬語の学習にもひと役買うはずだ

 また「ず」と「づ」、「とう」と「とお」など、音は同じでも文字が異なるような表現も間違いやすい原因のひとつだが、ATOKはこれも指摘してくれる。

音は同じでもかなを間違えて覚えていたり、文字を打ち間違えたりもよくあること。ATOKはこうしたミスも見逃さない。かな入力が間違っていると通常は変換できないため、「なぜか変換できない」ケースとはおさらばだ

 なぜかうまく漢字に変換できない場合は、実はその語を正しく覚えていなかった、というケースもある。ATOKならこうしたミスを排除し、誤りのない日本語を入力できるようにしてくれるのだ。


(次ページに続く)

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中