このページの本文へ

今の買いが分かる ミニノート特集 2009夏 第4回

超定番!! クラウド時代のミニノート・セットアップ術

2009年08月03日 12時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2.Google系ウェブサービスへの移行

 お次はメールとスケジュールのセットアップだ。過去、筆者がパソコンを移行する際にいちばんお荷物となっていたのが、メールやスケジュールのデータを管理していたOutlookだった。これを機会にOutlookの使用を止めて、そのすべてをウェブメールの「Gmail」とカレンダーサービスの「Googleカレンダー」に移行した。

 従ってたった一通のメッセージを読んだり、ちょっとスケジュールを確認するためにもネット接続が必須となった。これを実現するためには、同時にインターネット接続の環境改善も必要だろう。

Gmail

Gmail

クラウド系の代表格「Gmail」は、完璧なまでのスパム対策とラベルの使い方、検索パワーが売りだ

Googleカレンダー

Googleカレンダー

Googleカレンダーは、月別表示がお気に入り。横長ワイド画面のEee PCなら週別表示のほうが見やすいかもしれない

より安定した高速無線通信を考えて、受信が最大21MbpsというHSPA+対応のデータ端末「D31HW」を導入した。USBメモリー兼なので、お気軽モバイルを目指すEee PCにはうってつけだ

 Gmailは、フォルダー分けが基本のOutlookユーザーから見れば、取っ付きが悪いと感じるかも知れない。しかし、「フィルタ」と「ラベル」を使えば、フォルダーのようにメッセージを仕分けすることも可能だ。本来の強力なサーバー内検索機能と相まって、今すぐ読みたいメッセージをすぐに見つけられるようになるだろう。

 何といってもウェブブラウザーさえあれば、どこでもメールを扱えるというのは快適だ。筆者はBlackberryにGmail専用のクライアントを導入して、パソコンと同様の操作を実現している。

 歩きながらBlackberryで入力して送ったメッセージもきちんと同期して、「送信済みメール」に振り分けられるので操作上はパソコンとまったく同じだ。ちなみにBlackberryから送信したメールのフッターには、Blackberryから送った文章が付くので、後から何で送ったのか調べることもできる。

メール、連絡先、カレンダー以外の画像や音声、ファイルはBlackberryをUSB直結してファイルをドラッグ&ドロップでBlackberryに転送できる

Eee PCから見ると、Blackberry側のデバイス(本体)メモリーと自分で挿入したmicroSDメモリー(リムーバブルディスク)の両方が見える

 GoogleカレンダーではBlackberryに「Google Sync for Mobile」を導入して常時、同期するようにした。入力したスケジュールはサーバー側に保存してくれるので、あとからどの端末で見ても最新のスケジュールが表示される。


オフィス書類は「クラウド」に完全移行できず……

 GmailとGoogleカレンダーのついでに、ワープロ/表計算/プレゼンテーション資料といったオフィス系の書類を扱うために「Googleドキュメント」も導入した。

 Googleドキュメントは、複数ユーザーでデータを共有する際には極めて便利なサービスだ。パソコンでは画面右上にある「Share」ボタンを使うことで、同じGoogleアカウントを持つユーザーにはファイルを公開して見せられるし、このボタンから作成した書類をメールに添付して送ることもできる。

Googleドキュメント

Googleドキュメントは、複数ユーザ間のデータ共有、作業進捗管理に便利だ。筆者も書き仕事の原稿をシェアするときに使っている

 しかし、Googleドキュメントには、ネットにつながっていなければ使えないという弱点もある。これは地方出張の多い筆者にとっては不安のタネだ。高速なネット接続環境が整備された都市部ならまだしも、地方ではつなぐことすら保証されていない場合がある。

 閲覧だけならまだ問題は少ないが、書類を作成する際に確実に保存ができないというのは不安だ。そのため、オフィス系ソフトだけはクラウド系ウェブサービスに100%移行できず、代替案として現在はキングソフトの「Kingsoft Office」を利用している(関連リンク)。価格は3ソフトセットで4980円だ。

Writer

キングソフトのワープロ「Writer」

Spreadsheets

同じく表計算「Spreadsheets」。大きなセル数を使用しないのであれば十分な広さだ

Presentation

プレゼンテーションソフトの「Presentation」。画面は多少狭いがEeePCで十分なパフォーマンスだ

一太郎Lite

ちなみに原稿執筆には、ジャストシステムの「一太郎Lite」を使っている。こちらも問題なくEee PC上で快適に動いた

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン