このページの本文へ

マイクロソフトとYahoo!がついに結婚――ただし検索のみ

2009年07月30日 18時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マイクロソフトと米Yahoo!の提携が、ついに結実した。米国時間の29日、両者は特設サイト「Choice. Value. Innovation.」を開設して、それぞれのCEOがビデオコメントを発表している。

Choice. Value. Innovation.
MicrosoftとYahoo!の特設サイト「Choice. Value. Innovation.」

 今回の提携は、10年間の期限付きで、マイクロソフトのWebサイト検索エンジン「Bing」をYahoo!に提供するもの。Bingの検索結果に基づく広告配信で両者の売上拡大を目指す。つまり、マイクロソフトは検索エンジンの出力結果を最適化し、Yahoo!はポータルサイトとしての地位をより強化するべく、ユーザーの利便性を高めたりサービスの追加・拡大を進めることになる。

 なお、Web検索サービス以外にも両者ではメッセンジャーやWebメール、オンラインストレージなど競合するサービスを持つが、これらについては今回の提携に含まれない、としている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ