このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新ユーザー事例探求 第1回

青山学院大学の履修登録をさばく低価格ロードバランサ

2009年07月27日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp 撮影●曽根田 元

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

履修登録のピークを余裕でこなす
高いパフォーマンスと信頼性

学内に設置されたタッチパネル端末で履修登録が行なえる

 導入したBarracuda Load Balancerは性能面でも余裕を持ったパフォーマンスを実現した。履修登録は4〜5月に集中するが、だいたいCPU使用率6%程度で乗り切ったという。そのほか、職員用・学生用のポータルや労務管理や経理システムなどのサーバの負荷分散を担当させているが、かなり余裕がある状態とのことだ。もちろんダウンなどの障害もなく、ノンストップで履修登録のヤマを乗り切ったとのこと。

 ちなみに、今回導入したBarracuda Load Balancerのモデル340では、ロードバランサの機能のほかに、ファイアウォールをすり抜ける攻撃を防御するIPS(Intrusion Prevention System)とSSLの暗号化等をサーバから肩代わりするSSLターミネーションの機能も搭載している。こうした機能もWebサービスを利用するにあたっては必須なので、有効な機能といえるだろう。

名より実を取る賢い製品チョイス
今後はWAFの導入も検討

サーバルームのトップ・オブ・ラックに位置するBarracuda Load Balancer

 結果的に、青山学院大学においては、既存製品の10分の1という低価格ロードバランサの導入効果は抜群だったようだ。今まで高くて導入できなかったような企業でも、これだったら十分導入できるはずだ。導入からすでに1年が経過しているが、宮田氏は「1年間運用してトラブルはゼロでした。高負荷状態でも20パーセントを超えることなく、とてもコストパフォーマンスに優れたロードバランサです」とコメントしている。

 宮田氏の関心は、バラクーダが新たに提供を開始したWAF(Web Application Firewall)に移っている。こちらも低価格でありながら、機能面でも数百万円の製品に比べて遜色ないというものだ。こうした「名より実を取る」賢い製品のチョイスが、青山学院大学の高いレベルのIT活用を支えているに違いない。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!