このページの本文へ

日本HP、“0円プリンター”キャンペーンを実施

2009年07月23日 06時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
8500
HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One

 “0円プリンター”といっても、すべてタダでプリンターが使えるわけではない。日本HPが開始したのは、同社のビジネスインクジェットプリンター「HP Officejet Pro」シリーズを導入する法人向けの「HPビジネスインクジェットプリンター 初期導入費0円プログラム」キャンペーンだ(関連記事)。

 このキャンペーンは、HP Officejet Proシリーズを10台以上一括導入し、2年間規定本数のインクカートリッジを購入する法人に対して、期間中プリンター本体を無償利用できるようにするというもの。製品故障時の交換品保守サービス(最短で翌営業日に届く)も付いている。

 具体的な製品は以下の通り。

  • HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One(A4対応複合機)……3万9900円
  • HP Officejet Pro 8000(A4対応単機能プリンター)……1万9950円
  • HP Officejet Pro K8600dn(A3対応単機能プリンター)……3万9900円

 上記価格はいずれも税込み。これらがすべて、0円で提供される。一方、顧客が支払うインク代は、日本HPによるとA4複合機の8500が96個で月額負担9980円、A4単機能プリンターの8000が48個で月額5420円、A3単機能プリンターのK8600dnが96個で月額1万1560円と見積もられている(日本HPのDirectplus価格を参考にした場合)。

 プログラムはすでに開始されており、終了は2009年10月30日。プログラム実施販売店は、日本HPのWebページにて告知されている。


カテゴリートップへ