このページの本文へ

アップル第3四半期の業績 520万台のiPhoneを販売

2009年07月22日 16時46分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhone 3GS

日本では6月26日に発売されたiPhone 3GS

 米アップルは現地時間の21日、2009年度第3四半期(4〜6月)の業績を発表した。売上高は83億4000万ドル(前年同期比で12%増)、純利益は12億3000万ドル(15%増)。

 本四半期に出荷したMac本体は260万台(4%増)、iPodは1020万台(7%減)とのこと。また、iPhoneの販売台数は520万台で、前年同期に比べて626%増加したという。

 アップルのCFO(最高財務責任者)、ピーター・オッペンハイマーは、「ホリデーシーズンを除く四半期として過去最高の売上高と利益を計上し、23億ドルの四半期営業キャッシュフローを報告できますことをとても嬉しく思います」とコメントしている。

 米アップルが公開している会計資料によれば「日本」の売上高は4億1600万ドルで、前年同期に比べて14%増えた。この日本のセグメントには「Apple Store Ginza」など、直営店のApple Storeにおける売り上げは含まれていない。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中