このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

極めろ!デスクトップカスタマイズ 第13回

デスクトップに散らばったアイコンをスマートに管理

2009年07月22日 16時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウインドウをタスクトレイに収納する

 メールソフトやマルチメディアプレーヤーなど、常に起動しているがタスクトレイに入らないソフトがある。これらは、タスクボタンとして表示されているが、起動中のアプリケーションが増えると微妙に邪魔だ。そんなときは、「NaiNai」(作者:あいそび氏、フリーソフト http://isoq.org/ )でタスクトレイに収納してしまおう。タスクバーを広く使えるようになる。

起動したら「設定」をクリック

「NaiNai」を起動したら「設定」をクリック

ターゲットアイコンを収納したいウインドウの上に……

画面下の黒いターゲットアイコンを、トレイに収納したいウインドウにドラッグ&ドロップ

そのまま「登録」をクリック

細かい設定も可能だが、タスクトレイに収納するだけなら、そのまま「登録」をクリック

「Windows メール」がタスクトレイに収納

対象のアプリケーションを最小化すると、「Windows メール」がタスクトレイに収納されるようになる


タスクトレイのアイコンを並び替える

 タスクトレイにあるアイコンを並び替えるなら、「Taskbar Shuffle」(作者:Jay氏、フリーソフト http://www.freewebs.com/nerdcave/)が便利だ。タスクバーやタスクトレイのボタン、アイコンをドラッグ&ドロップで再配置できる。細かい部分まで思いどおりにカスタマイズしたい人にお勧めしたい。

「Taskbar Shuffle」を起動したら、アイコンをドラッグ&ドロップするだけ。「Google デスクトップ」のアイコンを移動してみた。左が移動前で、右が移動後。Googleデスクトップの位置が変わっている。


筆者紹介─柳谷智宣

1972年生まれ。Netbookからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。現在使っているノートPCは、東芝のSS RXとMac。とはいえ、1年以上前の製品なので、買い換えを思案中。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、PCやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン