このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

都庁前iPhoneクラブ 第15回

新常識「iPhoneにストラップは付けられる」

2009年07月21日 16時00分更新

文● カリー/都庁前iPhoneクラブ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

小指に引っかかる安心感

 実際に使ってみたが、まさにこれはiPhoneの「命綱」的存在だ。

 ポケットなどから取り出すときは、iPhoneを落とす危険が高い。そこでiPhoneをポケットにしまう際、ストラップを外側に出しておけば、ここに指を引っかけて取り出せるわけだ。……と、ほかのケータイでは当たり前なので強調するのも変だが、やっぱりヒモひとつあるのとないのとでは安心感が全然違う!

 ウェブブラウズやマップを使っているときにも、小指を引っ掛けておくと落下防止に役立ってくれるだろう。

iPhoneストラップ

ウェブブラウズ時などは、常に小指にストラップを引っ掛けるようにしている

iPhoneストラップ

「あっ!」というシチュエーションでも、ストラップを引っ張ればOKだ!

 ケースと併用が不可能じゃない点も注目だろう。たいていのケースは充電/パソコンとデータ同期ができるように、Dockコネクタ部分が空いている。このストラップは取り付け位置がDockコネクタの脇にあるので、ケースによっては干渉しないで利用が可能だ。私の環境では、Dockに置くことも可能だった。

 ただ、弱点がないわけではない。iPhoneのヘッドホン端子はストラップと真逆の上部にあるため、音楽を聴きながらケツポケに入れたい場合はしまう方向に悩んでしまう。結局、ストラップを外に出したいため、ヘッドホン端子を下にして使うことにした。

 また、ケーブルが消耗品で、いつかは切れてしまうというのはほかのストラップと変わらない。エザンスでは糸のみ300円で有償交換しているので、これを利用するといいだろう。


 ということで、念願の生状態に、ストラップという「保険」をかけることができた。カリーさんと同じ「生派」の皆さんは、ぜひ装着して、快適な生ライフを送ってほしい!

カリーさん

ストラップ、これ重要ですよ!


■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中