このページの本文へ

大きな画面ででっかく楽しむ!魅惑のデカノート特集第3回

Blu-rayもこってり楽しめる「AVデカノート」

2009年07月23日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジカメ画像編集に特化した
ソニー「VAIO type A VGN-AW72JB」

ソニー「VAIO type A VGN-AW72JB」
ソニー「VAIO type A VGN-AW72JB」

 ソニーの「VAIO type A VGN-AW72JB」(以下AW72JB)は、ここで取り上げているAVデカノートの中でも異色の存在だ。VAIO type Aシリーズは「フォトエディション」「ビデオエディション」という2ラインアップで展開され、それぞれ写真編集とビデオ編集機能を強化しているが、AW72JBはその「フォトエディション」に該当する製品である。

 AW72JBの基本スペックは高い。CPUにはCore 2 Duo T9600(2.80GHz)を、メモリーは4GBを搭載し、HDDは400GBを2台内蔵する。グラフィックス機能にはGeForce 9600M GTを採用し、光学ドライブは記録型BDドライブだ。ビデオエディションの「VGN-AW52JGB」と違い、テレビチューナーは内蔵しない。

フォトエディションはボディー全体がブラックで統一 フォトエディションはボディー全体がブラックで統一されていて、ビデオエディションとはイメージが異なる

 キーボード上部には、スピーカーとタッチセンサー式のメディアコントローラーボタンが配置される。スピーカーの音質に関しては特筆すべき点はなく、凡庸な印象だった。より高音質でBlu-rayコンテンツなどを楽しみたければ外部スピーカーの導入をお勧めする。

キーボード上部のスピーカーと、マルチメディアコントローラーボタン
キーボード上部のスピーカーと、マルチメディアコントローラーボタン。ボタン左の[S1][S2]は、機能やアプリケーション起動を任意に設定できる「Sボタン」
本体前面
本体前面。無線LANのオン/オフスイッチとメモリースティックスロット、SDメモリーカードスロットのみ配置
本体左側面
本体左側面。USB、アナログRGB出力、HDMI出力、ExpressCard/34、CFカードスロットが並ぶ。電源コネクターはシリンダー状のヒンジ内に
本体右側面
本体右側面。BDドライブとUSB、オーディオ系端子などが配置。LAN端子とモデム端子はカバーで覆われている。シリンダーの上に電源ボタンがある
キーボードは10キー付きフルキーボード キーボードは10キー付きフルキーボード。パームレストやキーボード周りに特別な装飾などはなくシンプルなデザイン

フォトエディションの特長
Adobe RGBカバー率100%のディスプレー

 「フォトエディション」と称するAW72JBの特長は、まずディスプレーに「Adobe RGB」のカバー率100%の広色域液晶パネルを採用した点にある。

 Adobe RGBとは米アドビシステムズ社が定義した色空間の規格で、デジタル画像を表示、編集、印刷する際に、一貫して想定通りの色表現を行なうためのものだ。パソコンで一般的な色空間規格「sRGB」や、アナログテレビの規格「NTSC」の色空間規格よりも幅広い色をカバーしている。このAdobe RGBに対応していることで、ディスプレー上では画像を正確な色で表示でき、画面表示と変わらない色で印刷するできる。

 このAdobe RGBの領域を完全にカバーするため、AW72JBの液晶パネルは、RGB各色が独立した3色LEDバックライトを採用している(一般的な薄型ノートのLEDバックライトは白色)。パネル表面も視認性を向上させるため、主流のグレアパネルではなくアンチグレアパネルを採用している。

 また、液晶画面に合わせたカラー調整値ファイル「ICCプロファイル」を自動的に設定してカラーマネージメントを行なう機能も備える。ディスプレーの色設定は、標準状態で写真編集に適したモードに設定されているが、DVDやウェブページなど、表示するコンテンツに応じて色モードと色温度が自動的に調整される。

色モードが自動的に変更 ディスプレーの色温度も3段階に変更
ディスプレーに表示されるコンテンツに応じて色モード(色温度とICCプロファイル)が自動的に変更される。もちろん任意で指定することも可能ディスプレーの色温度も、任意で3段階に変更できる

写真編集アプリをプリインストールし
高速CFカード対応スロットを搭載

 また、プリインストールされるアプリケーションもフォトエディションを名乗るに相応しい。まず「Adobe Photoshop Lightroom 2」はデジタルカメラで撮影した画像のデータ管理と調整を行なうソフトで、RAWデータの現像に活躍する。そしてご存じ「Adobe Photoshop Elements 7」は、画像編集ソフトの定番中の定番だ。

 なお、AW72JBはOSにWindows Vista Home Premium SP1の64bit版を採用している。標準で4GB搭載しているメモリー容量を最大まで利用できることが大きな利点だ。Photoshop Lightroom 2もPhotoshop Elements 7も64bit OSに対応するアプリケーションである。

 さらに、デジタル一眼レフカメラの記録メディアの主流としていまだに使われているCFカードの高速読み書きに対応したCFカードスロットも装備している。

type Aのメモリーカードスロット 本体前面にはメモリースティックスロットとSDメモリーカードスロットを、本体左側にはCFカードスロットを用意。デジ一で撮影した画像もCF経由で高速に取り込める
VAIO type A VGN-AW72JB の主な仕様
CPU Core 2 Duo T9600(2.80GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス GeForce 9600M GT(メモリー512MB)
ディスプレー 18.4型ワイド 1920×1080ドット
HDD 800GB(400GB×2)
光学ドライブ 記録型BDドライブ
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n(Draft 2.0)
カードスロット ExpressCard/34、SD/SDHCメモリーカードスロット、メモリースティック/PROスロット、CFカードスロット
インターフェース USB 2.0×3、IEEE1394、HDMI出力、アナログRGB出力、10/100/1000BASE-T LANなど
サイズ 幅437.2×奥行き288.9×高さ36.9~39.7mm
質量 約3.95kg
バッテリー駆動時間 約2時間
OS Windows Vista Home Premium SP1 64bit版
実売価格 30万円前後

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン