このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「神絵師」だらけの祭典、pixivフェスタに行ってきた!

2009年07月11日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ネコと、ワタシと、時々チョビ。」を描いた、9時さん(ID:98455)。このイベントのために仙台から来たという。pixivは1年弱続けており、ファンからの反応が励み。「ランキングに入ったときなどはうれしいです。評価がつかなかったときは、逆にそれを励みに頑張ろうと思います」。出展は今回が初めて。pixiv内でもファンのバーニア600さん(106414)と展示場所が隣合っていたことが嬉しいという

「曼珠沙華」を描いた、わだぺんさん(ID:443637)。pixivを始めたのはまだ去年の末頃。それでもpixiv上には既に100枚以上を投稿しているのだとか。現在、本業でイラストレーターもこなしており、正真正銘の「プロ」。pixivから仕事の依頼を受けることもあるのだとか。ちなみに今回の絵に関して「前回のpixivフェスタに参加したときに出展したのが和室スペースだったため、和室狙いで和のイメージにしたんですが、失敗しました。完全に浮いてますね」と話し、笑っていた

ちなみにわだぺんさんが「狙っていた」という和室は「落書き用」のコミュニティースペースに。壁に落書きスペースが設けてあり、みんなで描き加えていけるようになっている

「涙とアンティーク」を描いた、あきさん(ID:15831)。初期からのpixivユーザーで、出展は2回目。「pixivフェスタに来ると有名な作家に会えるのが楽しみ」という。自身のファンに逢うことも多く、前回は山口から来てくれたファンもいた。イラストと本人の第一印象があまりにも異なって(失礼)驚いていると、「そういう狙いです」と笑っていた。イラストは前回のフェスタ出展時に「楽しい」ものを描いたため、今回は「悲しい」ものを目指したという

「あの日の空。」を描いた、たかださん(ID:407825)。pixivフェスタへの出展は春につづいて2度目。前回と比べて「力が入っている人が多いが、自分の(イラスト)はそんなに変わってないですね」と笑った。昭和や田舎、昔の看板に使われる文字などが好き。今回のイラストもその趣味を反映したものという。本職でもイラストレーターをされており、手にしている児童書「メン! 出会いの剣」(そうえん社)は「高田桂」名義での仕事の1つ

「昼下がり喫茶」を描いた村山竜大さん(ID:16666)。pixivにはやはり初期から参加しているという。ファンタジーもののイラストが好きで、今回のイラストは絵本のテイストを取り入れているのだとか。好きなイラストレーターは廣岡政樹さん。取材時、友人のpixivメンバー3人で話に応じてくれた

最後は、ちょっと異色の作品「人面土器くんの逆襲」を描いたわるいだ~さん(143854)。ふだんpixivに投稿しているときからこのテイストのイラストを投稿しており、ファンを獲得している。pixivは友人の勧めで始めた。現在はセミプロのイラストレーターとして活動しているとか


■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン