このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

女子校生の上を行く! 携帯電話節約術 第9回

とにかく多数の人と通話するのなら、昔のプラン!

2009年07月13日 16時00分更新

文● 小林 誠/ゴーズ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

固定電話へ通話するのなら
ウィルコム、イー・モバイルも有望

 通話する相手がすべてケータイということは少ないだろう。むしろ相手は固定電話というケースが多いのではないだろうか。そこで再浮上するのがウィルコムイー・モバイルだ。イー・モバイルはすでに書いてあるとおり、固定電話への通話料が1分10.5円。さらにウィルコムにも1分10.5円の通話料で、無料通信分がたっぷりあるヘビープランが用意されている。

●ウィルコム その2

スーパーパックLL+年間契約割引
・月額基本料金:1万710円(無料通話分1万500円
・通話料:10.5円+10.5円/分(固定宛)、約38.2円/分(ケータイ8~19時)

 ウィルコムの旧プランの場合、1回あたりの通話に10.5円の接続料がかかり、また距離別の料金体系を取るので、計算がかなり複雑になるが(たとえば160km超の場合は42円/分)、同一区域内で1日約40分以上、固定電話相手に通話するという前提であれば、ウィルコムのスーパーパックが最安となる。仕事で頻繁に通話をするのならウィルコムという選択肢は今でも十分メリットが有り得る。

 しかもウィルコムには長期割引もある。スーパーパックLLは基本料金が3年以上契約している場合に月9450円となる。

よく通話する「他社の電話」があるときに
加入しておきたい通話サービス

 主に仕事で使っているケータイであっても、さすがに「よくかける相手」はある程度決まってくるだろう。たとえば会社の同僚や、いつも連絡している会社などだ。そんな相手がいるのなら今まで紹介してきたヘビープランに加え、下記の割引サービスにも加入しておくと通話代が安くなる。

●NTTドコモの場合

・ゆうゆうコール割引
=月額189円

 最大5ヵ所の番号を指定(国内の場合)。ドコモ同士なら通話料が30%引きとなるが、他社ケータイや固定電話宛でも10%引きだ。


●au(KDDI)の場合

・指定割
=月額315円

 最大3ヵ所の番号を指定できる(国内のみ)。指定できる番号は、au携帯電話のほか固定電話も可能でともに通話料が50%引きとなる。


●ソフトバンクモバイル+ブループランの場合

・指定割引 ブループラン
=月額189円

 ブループランのみで利用でき、ゆうゆうコール割引とほぼ同等。最大5ヵ所の番号を指定可能で(国内の場合)、ソフトバンク同士なら通話料が30%引きだが、他社ケータイ、固定電話でも10%引き。

●ソフトバンクモバイル+オレンジプランの場合

・指定割引 オレンジプラン
=月額315円

 同じくauの指定割のソフトバンク版。オレンジプランでのみ利用でき、最大3ヵ所の番号を指定可能(国内のみ)。ソフトバンク携帯電話と固定電話相手で通話料が50%引き。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン