このページの本文へ

USBメモリー型の英語学習映画ソフト ソースネクスト「超字幕」

映画を見てるだけで英語が上達!?――かどうかはあなた次第

2009年07月15日 09時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
超字幕のパッケージ
USBメモリーに映画コンテンツと英日字幕の同時表示が可能なプレーヤーソフトが入った「超字幕」。写真は第1弾タイトルのひとつ「フォレストガンプ」

 英語の効果的な学習手段として英語字幕の洋画を見るという方法がある。話し言葉程度の短いセンテンスならばそれほど高度なリーディング能力を要求されないし、耳で聞くネイティブスピーカーの発音も相まって学習効果が高い。

 また、セリフとシチュエーションが判っていれば、たとえ初見の言い回しでもとりあえず意味を類推することができるし、どんなケースで使われる言い回しなのかも分かりやすい。特に何度も見た好みの映画であれば場面ごとのセリフも覚えてしまうので、和訳なしでも目と耳から入ってくる英語によって自然に“英語耳”が身に付くというもの(関連サイト)。


ネットブックでも見られるUメモな映画
英語学習に役立つ機能を搭載したプレーヤーソフト

 ソースネクストの「超字幕」シリーズは、映画配給会社のパラマウントとの提携によってさまざまな映画コンテンツに英語字幕/日本語字幕を表示させつつ効率的に英語学習ができるようにしたもの。USBメモリーでのソフト供給形態「Uメモ」のラインナップとして販売されるため、光ドライブを装備しないネットブック/UMPCでも利用できる利点がある。

超字幕のメインメニュー
超字幕のメインメニュー。映画再生だけでなくいくつかの機能が用意されている

 映画のプレーヤーソフトは、映画自体の表示に加えて英語のみ・日本語のみ・英日ならべての字幕表示を切り替えられるのが最大の特徴だ(純粋に映画を楽しむために、字幕なしでの視聴も可能)。

映画再生画面の字幕
映画再生画面の横に字幕が流れる配置。字幕部をマウスでスクロールさせることで、冒頭からラストまでセリフだけを追うこともできる
英語字幕での再生画面 英日同時表示の画面
画面の下に字幕を表示させると普通の映画再生のようで、鑑賞に適している。この配置でも英語・日本語・英日同時表示が可能英日同時表示にすると対訳のようで判りやすい。ちなみに画面では、表示速度を0.8倍速にしている

 単なる英語/日本語の字幕表示切り替えだけなら、多くのDVDプレーヤー/DVDコンテンツが対応しているが、英語と日本語の同時表示できるものはほとんどない。さらにワンクリックで表示スタイルを切り替えながら見られるため、「今そのセリフをもう一度!」と思ったときにすぐ確認できるのがありがたい。

お気に入り字幕 「お気に入り字幕」はセリフだけを抜き出したもので、脚注が収められているため言い回しの参考となる。ユーザーがラベルやメモを付けておくことができるほか、そのシーンをすぐに再生することも可能

 字幕なしでヒアリング学習、英文のみ表示でのリーディング学習、意味が判らない部分は日本語表示と、自分の英語の熟達度や学習方法に合わせることができる。しかも、そのセリフが終わらないうちに切り替えられる手軽さは、映画を楽しむというリズム感も損なわない。

字幕部をスクロールしてシーンジャンプ 字幕部をずっとスクロールさせ、任意のセリフをクリックすればそのシーンに飛べるのはなかなか便利。知っている映画であれば、DVDのチャプターインデックスよりもよほどシーンを把握できる便利な機能だ

 プレーヤーでは巻き戻しや早送りなどが可能なのはもちろんだが、スクロールするセリフの流れをクリックするとそのシーンにジャンプできるので、セリフを主体で見る英語学習にも大いに役立つ。さらには0.8倍のスロー再生(音の高さはそれほど変化しないので聞き取りやすい)、セリフ単位での1回/3回リピート再生も可能なので、ちょっと早めなセリフでも聞き取りやすい。

リピート機能でセリフが3回繰り返し再生される リピートをONにすると各セリフが1回もしくは3回ずつ繰り返される
厳選フレーズ 厳選フレーズ
「厳選フレーズ」は、映画の中で使われている言い回しからピックアップされた30フレーズを繰り返し見ることができる機能だ
英単語の意味がポップアップ
字幕部にマウスカーソルを置けば英単語の意味がポップアップする。慣れれば英語を流し読みする速度で単語を引けるので、かなり便利

 そのほか、電子辞書(リーダーズ英和辞典、リーダーズ・プラス)を搭載しているため、セリフの英単語にマウスカーソルを合わせるだけで意味がポップアップ表示される。知らない単語が使われたときは当然ながら、英語独特の言い回し(スラング)を意訳しているときなどにも重宝する。

 英語に限らず語学学習というのはやはり反復学習が重要ではあるが、同じテキストを何度も繰り返し使うだけではモチベーションもなかなか上がらないもの。映画ならば退屈しにくいし、日本語字幕/英日字幕/英語字幕/字幕なしでそれぞれ見比べることによって新しい発見もあるはず。

TRY!リスニング 「TRY!リスニング」はヒアリングテスト機能。筆者の場合、英語字幕だけで何度か見直すとかなり“聞けてる”ようでいて、問題形式で出されるとまったくだめだった。やはり学習段階のセルフチェックはたびたび行なったほうがいいだろう

 それこそセリフを全部覚えてしまうほど“大好きな映画”というものが誰しも1本くらいはあると思うが、それを原語で、しかも自分でも喋れるくらいに覚えてみるというのは、英語学習のひとつの動機付けになるだろう。


超字幕の主なスペック
シリーズ名 超字幕
供給形式 USBメモリー(容量2GB)
対応機種 Windows Vista/XP SP2以上(Windows 7 RC動作確認済み)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン