このページの本文へ

これからの電源ユニットのトレンド「80PLUS認証電源」とはなにか?

2009年06月30日 23時58分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ASCII.jpオススメ! 80PLUS認証電源ユニット10傑

 さて、いままでいろいろと80PLUS認証電源のことについて、ショップの現状なども含めて見てきたわけであるが、いったいどのような製品が登場しているのかわからないという読者も多いだろう。ここでは、編集部オススメである各社の80PULS対応電源ユニットを紹介していこう。

高出力かつ低価格なハイエンドモデル
ANTEC EA-750

 750Wの高出力で80PLUSスタンダードに適合するハイエンドユーザー向け電源ユニット。4系統の12V出力回路(各25A)、4つのPCI-Eコネクタ装備などハイスペックを装備するが、実売価格は1万5000円前後とかなりお得感の高いプライスになっている。

ANTEC EA-750
80PLUS認証80PLUS
出力750W
製品サイズ150(幅)×180(奥行)×86(高)mm
搭載ファン135mm
保証3年間

DC/DC電圧制御でシステム安定性アップ
ANTEC TP-750BLUEAP

 変換効率82%以上の80PLUS BRONZEに適合する製品。DC/DC電圧制御モジュールにより直流電圧のステップダウンを行ない、どんな負荷でも高効率維持する。また、遷移時間は一般的な磁気アンプ式よりも100倍早いため、安定性に優れているという特徴を持っている。

ANTEC TP-750BLUEAP
80PLUS認証80PLUS BRONZE
出力750W
製品サイズ150(幅)×150(奥行)×86(高)mm
搭載ファンBlue LED付き120mmPWMファン
保証5年間

日本製105℃コンデンサを採用
CORSAIR CMPSU-450HXJP

 定格出力450Wのミドルレンジに位置する製品だが、プラグ方式による着脱可能なペリフェラルケーブル、多彩な保護回路、日本製105℃耐熱コンデンサなどハイグレードな仕様になっている。実売価格もお手頃なのが魅力的だ。

CORSAIR CMPSU-450HXJP
80PLUS認証80PLUS BRONZE
出力450W
製品サイズ150(幅)×150(奥行)×86(高)mm
搭載ファン120mmダブルボールベアリングファン
保証7年間

ハイグレードゲーミング仕様電源
CORSAIR CMPSU-850TXJP

 PCI-E電源コネクタを4つ装備する、定格出力850Wのハイパワー電源。12Vラインの総出力は70A(840W)と強力だ。450W版の「CMPSU-450HXJP」と同じく日本製105℃コンデンサを採用する。

CORSAIR CMPSU-850TXJP
80PLUS認証80PLUS
出力850W
製品サイズ150(幅)×160(奥行)×86(高)mm 
搭載ファン140mmダブルボールベアリングファン 
保証5年間

高出力で80PLUS SILVERのハイエンド電源
ENERMAX ERV850EWT

 変換効率85%以上を達成する80PLUS SILVERに適合し、850Wの大出力を持つ。12Vラインは合計6系統が各30A(最大70A)で用意され、3枚以上のビデオカードによるCrossFireやSLIにも耐えうる仕様だ。

ENERMAX ERV850EWT
80PLUS認証80PLUS SILVER
出力850W
製品サイズ150(幅)×190(奥行)×86(高)mm
搭載ファン135mmダブルボールベアリングファン
保証3年間

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中