このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

SII「SR-G6100」

デスクでも出先でも活用できる、低価格電子辞書

2009年06月29日 09時00分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
SIIの電子辞書「SR-G6100」

SIIの電子辞書「SR-G6100」

 電子辞書は家庭用から翻訳者などの専門業種向け、ビジネス向けなど、さまざまな用途の製品が販売されている。SIIの「SR-G6100」は同社のラインナップでもビジネスマン向けモデルで、国語・英和/和英・英英など各種辞書のほか、ビジネス用の英例文コンテンツを多くを含むのが特徴だ。


スリムボディーで携帯しやすい
収録辞書はビジネス用途に特化した内容に

 薄型クラムシェルボディー(いわゆるノートPC型の本体)に反射型モノクロ液晶とキーボード、単語や例文の発音を聞くためのスピーカーとイヤホン端子を装備。すっきりとしたデザインはビジネスシーンで取り出して使っても違和感がなく、厚みも最大の部分で19.7mmと、カバンやポケットでさほどかさばらない。

SII「SR-G6100」

薄手の本体はポケットに収めても目立たない程度。液晶を開ければ自動で電源ONになるので操作性も軽快だ

 機能面を見ると、電子辞書以外の機能はMP3再生機能を持つ程度で、最近の機能豊富な電子手帳と比べればかなりシンプルな印象ではある。とはいえ、ここ最近の電子辞書は機能を盛り込みすぎて、本来の目的(=持ち歩けいてどこでも辞書引きできる)を忘れてしまいそうな感もあり、本来の辞書機能を必要十分持ち合わせた本機は原点回帰した製品とも言える。バッテリーは内蔵のリチウムイオン充電池に加えて単4形電池×2本でも12時間動作するという点も、出張などで充電する暇がないときにも便利だろう。

SR-G6100の左側面

左側面はDC入力端子とUSB端子が並ぶ。オプションのクレードルには左側面を下にして挿し込む

SR-G6100の右側面

右側面はイヤホン端子とボリュームがあるのみ

複数辞書一括検索画面

起動時は複数辞書一括検索画面が表示される。セットアップメニューで優先辞書の設定も可能だが、ここで和文もしくは英単語を入力すればとりあえず辞書検索は可能だ

 収録コンテンツを見ると、同社の最上位モデル「SR-G10001」(英語特化モデル、関連記事)では英和辞書だけでもリーダーズ、ジーニアス、ランダムハウス、研究社新英和と豪華な収録内容(さらに専門用語の英和辞書も含む)で、英英辞書もオックスフォード現代英英辞典、コウビルド新英英辞典の2本立てと強力。それに対して、本機ではジーニアス英和、オックスフォード英英、小学館プログレッシブ和英と、かなり絞りこんだ英和辞書ラインナップになっている。とはいえ一般的なビジネスシーンには十分な内容であり、加えて約4000例文を含む「英文ビジネスレター事典」(三省堂)、約1200例文を含む説得できる「英文Eメール200の鉄則」(日経BP社)などを収録。英文以外でも「経済新語辞典」(日本経済新聞社)や、経営用語・株式用語・流通用語・不動産用語・会計用語辞典などのコンテンツが収録され、ビジネス向けとしてかなり充実した内容だ。

英文を入力しての一括検索画面

英文(アルファベット)を入力しての一括検索画面。[ジ英大](ジーニアス)、[B・百科]などの略称で各辞書の結果が並べて表示される

和文入力の画面

和文入力はローマ字かな変換で入力する。使い方は英文と同じだ

個別辞書の検索画面

もちろん各辞書・事典を個別に検索することも可能

ビジネス用語辞典

ビジネス用語辞典も各種専門用語が収録されている

旅行会話集

旅行会話集も収録され、日常会話からいざというときも安心

ドクターパスポート

ちょっとした英会話はできても旅行先で急な腹痛・頭痛などの症状を伝えることは難しい。ドクターパスポートでは多言語に対して一括で検索結果が出るため、急な場合にも便利だ

 また、実業之日本社の「ブルーガイド わがまま旅行会話シリーズ」(英語、イタリア語、中国語、フランス語、韓国語、スペイン語、ドイツ語)、マイスの「医療系会話集Dr.PASSPORT」(英、中、韓、仏、伊、独、スペイン、ポルトガル)、レストランでのメニューを読み解くための集英社「海外でメニューが分かる本」(米、中、仏、伊、スペイン)が収録されているので、海外出張や旅行時でのいざというときの会話にも安心だ。

例文検索

例文検索も豊富に含まれているため、適当な文章を引っ張ってきて言い回しを使って英文メールを構成するのに便利

旅行会話集

本体のメニュー画面。辞書・事典検索機能のほかはMP3プレーヤーと電卓程度とかなりシンプル

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ