このページの本文へ

2009年7月開始アニメ特集 第1回

暑い夏はアニメで乗り切れ! 夏アニメを3夜連続で紹介!(第1夜)

2009年07月01日 20時00分更新

文● コンテンツ計画

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

元素消失 未来はぼくらに託された
「エレメントハンター」

作品解説
 元素が消失した未来で、少年たちが失われた元素を求めるというストーリーの本作は、NHK教育テレビのオリジナル・アニメーション。6月20日発売の「月刊Vジャンプ」(集英社刊)では、「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で「切法師」を連載していた中島諭宇樹によってコミカライズ版も描かれている。  原案は「機動警察 パトレイバー」シリーズや「平成ガメラ」シリーズの伊藤和典、監督には「爆球Hit! クラッシュビーダマン」「西洋骨董洋菓子店」の奥村よしあきと「キャプテン翼」や「ふたつのスピカ」の演出を手がけてきたホン・ホンピョが担当する。また、シリーズ構成には「仮面ライダークウガ」「特捜戦隊デカレンジャー」の荒川稔久、キャラクター原案に「テイルズ オブ」シリーズの奥村大吾と、いずれも実力派揃いのスタッフ陣で臨む。

あらすじ
 2029年、地中海沿岸でとてつもなく大きな地盤沈下が起こり、直径3kmにわたって地殻から突然“酸素”が消えた。
 酸素、炭素、金、モリブデン、コバルト……以来、地球上から様々な“元素”が消えていき、元素消失は森林や畑、建物や古代の遺跡、そして生命までも消し去っていったのだった。そして、人々は痛感した。
 「全ての物は、元素からできている。」
 元素消失から60年、人口は最盛期の1割にまで減少。しかし、調査・研究の結果、消失した元素の行方が判明する。元素は、次元の壁の向こうにあるもう一つの地球“ネガアース”に流れ込んでいたのだった。
 地球の存亡をかけて“エレメントハンター”が組織されたが、メンバーは全て13歳以下の子供たち。何故ならネガアースにアクセスできるのは、脳の組織が大人よりも柔軟な子供に限られていたためだった。
 ある日、中学1年生のレン、キアラ、ホミは忽然と現れた幽霊城に侵入する。そして、そこで出会ったアンドロイドのユノに、有無を言わさずQEX(モンスター)が出現しているネガアースへと送り込まれてしまった。ユノの指示でなんとかQEXから地球由来の元素(ポジ元素)を回収することができた3人は、謎の“おばちゃん(カー博士)”からエレメントハンターにならないかと誘われる……。

スタッフ
原作:伊藤和典
監督:奥村よしあき、ホン・ホンピョ
シリーズ構成:荒川稔久
キャラクター原案:奥村大吾
音楽:佐橋俊彦
SF設定:金子隆一
元素デザイン:礼野亜布男
アニメーション制作:NHKエンタープライズ、HEEWON ENTERTAINMENT
製作・著作:エレメントハンター製作委員会

オープニングテーマ 石川智晶「First Pain」
エンディングテーマ かっきー&アッシュポテト「スイヘイリーベ~魔法の呪文~」

キャスト
レン:本城雄太郎
キアラ:榎本温子
ホミ:桑島法子
アリー:小林沙苗
ロドニー:佐々木望
トム:陶山章央
ハンナ:山口理恵
ユノ:中山さら
カー博士:真山亜子
ダン:小山力也
ほか

テレビ放送情報
NHK教育テレビ 7月4日から毎週土曜日18:00~
(※放送日時は放送局の都合により変更になる場合があります)

公式サイトURL http://elementhunters.com/

→次ページへ続く

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ