このページの本文へ

Shuttle「SA76G2」

Socket AM3/AM2+対応のShuttle製キューブが来週登場

2009年06月19日 23時55分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Socket AM3/AM2+に対応したShuttleの新型キューブベアボーン「SA76G2」が来週25日に発売となる予定だ。

「SA76G2」 ポップ
Socket AM3/AM2+に対応したShuttleの新型キューブベアボーン「SA76G2」が来週25日に発売

 「SA76G2」は、AMDプラットフォームに対応したエントリークラスのキューブベアボーン。チップセットに「AMD 760G」+「SB710」を採用、TDP105WまでのCPUに対応する。
 主なスペックは、サイズ200(W)×300(D)×185(H)mm、5インチ/3.5インチ/3.5インチシャドウがともに1基。拡張スロットがPCI Expressx16×1、PCI×1、メモリがDDR2 DIMM×2(DDR2-533/667/800 、8GBまで)という構成。VGA、6chサウンド、ギガビットイーサネット(MARVELL/88E8057)、Serial ATA×3、IDE×1などをオンボードで搭載する。予価はサンプル版の入荷しているアークで2万4780円、T-ZONE.PC DIY SHOPとなっている。

内部 リア
AMDプラットフォームに対応したエントリークラスのキューブベアボーン。チップセットに「AMD 760G」+「SB710」を採用、TDP105WまでのCPUに対応する

【訂正とお詫び】初出時、「メモリがDDR2 DIMM×4」と記載しておりましたが、正しくは「メモリがDDR2 DIMM×2」となります。訂正してお詫びいたします。(2009.6.23)

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中