このページの本文へ

我々はプロ意識がなかった――ジャレコ加藤社長が語る同社の過去と未来

2009年06月20日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

裸になって頑張ろうじゃないか

―― 先ほどもお話のあった再建第1弾として開発中のゲーム「the:rpg」は敵キャラクターなどをネットユーザーの投稿と投票で決定するものですね。現在投稿されているものの中には、肖像権としても倫理面からも際どいものが含まれているように思えます。

加藤 もちろん何らかの権利を侵害しているものがあれば削除対象になりますが、もし権利元に許諾がとれるようであれば、交渉まで私が担当しようと思っています。投票はあくまで軸になるシナリオなりゲームシステムがある上で、さらにユーザーの声を反映できる部分があれば取り入れていこうという考えです。今後もタイトルロゴデザインであったり音楽といった色々なものを募集していきますので期待していてください。

「the:rpg」では敵キャラクターのデザインをユーザーから募集。かなり奇抜なものが集まってしまっている気もするが、大丈夫だろうか(右)


―― ジャレコ再建計画として打ち出された「the:rpg」、社長のブログ、そして2ちゃんねるへの書き込み。すべてをほぼ同時期に開始しています。

キャッチコピーは「ゲーム史上、最もユーザーに頼りきるRPG」。「どう転ぶかわからない、発売できるかわからない」というコピーが目を引く

加藤 ブログに関しては演出や計算で始めたわけではなく、もともと自分自身があけすけな人間だったので、それを面白がって見てもらっているだけなんです。プロジェクトについては、これまで会社の都合で振り回されてきた社員や取引先各位に「傷ついたブランドを再生するためには一度壊さなければならない」ということを伝えようとしています。

 ゲームの内容はかなりゲーマー向けのタイトルになると思うので、ブログやネット媒体などがターゲットとなってきます。その中でできることを考えたとき、うちの財産は何かといわれたら「社名しかないな」と。

 あとは私のキャラクターを面白がってもらえているのであれば、裸になって頑張ろうじゃないかと思っています。

―― 2ちゃんねるには前々から書き込みをされていたんですか。

加藤 それまでは人生で2~3回程度しか書き込んだことがありませんでした。ですから初めは「アク禁」という言葉もわからなかったんです。なんだそれはと。それが6月3日のブログで書いた後で、「芸スポ速報+」という掲示板の管理人さんから記者になりませんかというお誘いを受けたんです。

 もちろん記者なんて出来ませんし、自分自身は有名人でも芸能人でもないのでそういったことは難しいですよ。ただ、もしそういった機会があればご協力させてくださいと言ったところ、ぜひともとパスワード(記者キャップ「φ★」)をいただきました。

 芸能やスポーツ関係の知人も多いので、それこそ初出時に私自身が記事を掲載するということもありますよ。実はもうネタはかなり仕込んであるんです。芸スポ速報+の読者に喜んでもらえるネタを提供します。


―― 書き込みの中には、御社にとってきついものもあったのではないかと。

加藤 きついというより、つまらないですね。ネガティブな発言に限ってつまらないものが多かったという印象があります。こっちとしても面白い返しができないじゃないかと。朝まで付き合おうと思ったのですが、つまらないので途中で眠くなってしまいました。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン