このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道 第11回

これは侮れない! 約1万円で買える注目イヤフォン3機種

2009年06月19日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3製品の個性豊かなサウンドをチェック!

 ではこの3製品の音質を比較してみよう。今回チェックするために利用した音源は、お馴染みのアノ曲を派手にアレンジした、ユー&ザ・エクスプロージョンの「ルパン三世'80(2005ニュー・ミックス)」、疾走感のあるギターのバッキングが印象的なOffspringの「The Kids Aren't Alright」、そしてエディット・ピアフの名曲をジャズ風にアレンジしたSophie Milmanの「La vie en Rose」である。それぞれ192kbpsでエンコードしたAAC音源を第3世代のiPod nanoに入れ、各イヤフォンに接続して試聴した。

 中高音域が気持ちよく鳴ってくれるのがローランドのRH-ED1。La vie en Roseのサックスソロなどをしっかり響かせてくれるほか、ルパン三世'80のハイハットのような高音の打楽器の音も濁りがない。解像感も高く、個々の楽器の音がしっかり聞こえてくる。

 一方で低音はおとなしめ。どの楽曲においてもベースの音は後ろに下がっている感じがあり、たとえばThe Kids Aren't Alrightではギターの影にベース音が隠れてしまう。ただ全般的に癖がない分、イコライザ機能を使った補正はしやすいだろう。

 Shure SE115は中低音域に厚みがあり、The Kids Aren't Alrightのようなスピード感のあるロックを聴き応えたっぷりに再現してくれる。La vie en Roseのピアノの旋律、そしてサックスの音色の表情も豊かだ。

 ただルパン三世'80を聴くと、高音の伸び不足を感じてしまった。ホーンセクションの音が抑えられていて、曲が持っている賑やかな印象が薄れてしまう。低音でグイグイと引っ張るロック系や、アコースティック系のサウンドが得意な領域と言えそうだ。

 KDX300 GOLDは、KOSSらしい強調された低音が特徴的だが、高音の抜けもよい。この特性がバッチリはまったのがルパン三世'80で、迫力のあるホーンセクションとウォーキングベースのスピード感のある低音がしっかり鳴らされており、曲が持っている楽しさを存分に味わえる。

 ロック系もKDX300 GOLDの特徴がよく引き出されるので、聴いていて気持ちがいい。ただ中低音域でギターのリフとベースラインの音域がかぶるような部分では、若干解像感不足を感じる。またThe Kids Aren't Alrightのベースのように堅い音にははまるが、La vie en Roseのウッドベースのような柔らかいベース音の場合はこもった印象が強くなってしまう。


好みの音楽ジャンルに合わせて
イヤフォンを選ぶのがいいかも

 今回3製品を聞き比べてみたが、それぞれに個性があり、同じ音楽でもガラリと印象は変わる。ジャズやクラシック系の音楽はローランドのRH-ED1がおススメ。Shure SE115はロックを聞くのにいいが、ジャズも結構いける。KOSS KDX300 GOLDは「低音命!」であればジャンルを問わず試してみてほしい。

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画